読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画レビュー】七つの大罪 第122話/魔神族の進攻【週刊少年マガジン20号】

f:id:sarapan2014:20150222100655p:plain

■七つの大罪
第122話/魔神族の進攻


メリオダスたちが全滅に瀕していたころ
魔神族は世界の異変に気づいていた。

 

この地の魔力が枯渇している

 

3000年の月日の経過と共に消えてしまったのか。


その時、何も知らない村人が魔神たちの目の前にイチャモンをつけに!
なにもしらない人間がからむが、ドレファスは無視して説明をはじめる。

 

大地から溢れ出していた魔力はそこに存在する。
動物や植物に流れ込み、
それらは三千年の間に、この地に蔓延った者共に脈々と受け継がれている。


女の魔神が人間に近づき、腹を軽くつつくと
人間の口から魂が出てきた!

 

女はそれを徐に自分の口に運ぶと食べ始めた!

ガリュ!ゴリゴリ!モシャ!
モシャモシャ・・・

魂美味そうである(((( ;゚д゚)))


Q:「味はどうかしら?」
A:「ケツから言って一石二鳥だな」


会話になってないww
女に代わって男が約すw

 

どうやら多少の雑味はあるものの、少量の魔力を含んだ魂は
なかなかどうして、味わい深い。
これを当面の食料にすれば、大量に沸いた人間の駆除もできて
一石二鳥と・・・そういうわけですな。


略しすぎだし、約すほうもよくわかったなw

 

そしてもう一人の女魔神がなにやら召喚!
みたところ少なくとも5体は召喚したのだろうか・・・


一方、旅をするギルサンダー・ハウザー・グリアモールの三人。
バイロンあたりに近づいていた。

 

そこで魂を抜かれた人間を発見する。
まさに抜け殻状態だ。

 

町の方から悲鳴が聞こえる。
三人は急いでそこに向かう!


そこにはおぞましい笑いを浮かべ、人々から魂を奪う
紅き魔神族の姿があった!

 

こいつはかつてバンが倒した魔神!
さっきの女魔神が召喚したのはこれか!

 

しかし聖騎士三人の力をあなどるなかれ!
息のあった連携で苦もなく紅き魔神を倒してしまう!

 

さすがギルサンダーたちだ!
どうやら魂は噛み砕かれなければ元通り肉体にかえるのか?
それとも魔神は別に口にいれてなかったから戻ったのか?

 

よくわからないけど魂が還った人々。
しかし安堵するには早かった!

 

次に現れたのは灰色の魔神!

 

これはかつてヘンドリクセンが取り込もうとした魔神だ!
その力は凄まじいはず!

 

そんな時現れたのが、ご当人!ヘンドリクセンだった!