読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画レビュー】DAYS 99th day 保科と海藤【週刊少年マガジン21・22合併号】

f:id:sarapan2014:20150423163415p:plain

■DAYS
99th day 保科と海藤

 

★前回のレビュー

 


水樹がゴール間際で防いだと思われたシュート。
しかし保科が強引に押し込み、後半14分、ついに先制点を与えてしまう!

 

肩を落とす聖蹟イレブン。
保科はさっさとゲームを再開させようとするが、
海藤が保科を連れて観客席へw

 

東院応援団の前でアピールするイレブンw
もりあがる応援団!

 

だが流石にこれには審判が注意するw


クールな保科もいやいやながらガッツポーズをしてみせる!
士気は十二分!
さらなる猛攻がくるのか!?

 

 


聖蹟ゴール前がざわついている。
なんと保科のシュートを止めに行った水樹が額から流血している!
水樹は大丈夫というが・・・結構な出血だ。

 

監督も水樹を引っ込めるわけには行かないが
治療のため一旦下がることに。

 

しかしあくまで治療のため退くので
交代ではない。
故に治療が終わるまで聖蹟は10人で戦わなければならない!

 

残り25分・・・
10人なのも痛手だが、水樹を欠いた状態で大丈夫なのか!?


東院は一点を守り抜くのではなく、追加点を取りに行くつもりだ!
凄まじい体力だ!

 

だが聖蹟だって負けちゃいない!

 

君下から大柴へのパス!
この二人ならなんかやってくれそうだ!

 

誰もが通ったと思ったパスコースだったが、これを保科がカット!
海藤へパスするかと思いきや、個人技で抜いていく!
華麗なドリブル!

 

エース海藤にその役割を任していたが
この個人技で抜いていくスタイルは元々らしい!
楽しそうな保科!なんとか食い止めようとする聖蹟!

 

しかし無常にも海藤へのセンタリングが上がってしまう!

 

海藤はヘディングは嫌だといっていたが、
ヘディングゴール決められそうだぞ!?

 

■前回

 

■次回

 

■DAYS感想まとめ