読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画レビュー】あひるの空 第471話/AIR⑪【週刊少年マガジン21・22合併号】

漫画レビュー 週刊少年マガジンレビュー

f:id:sarapan2014:20150423170519p:plain

■あひるの空
第471話/AIR⑪

 

★前回のレビュー


クズ高タイムアウト
この状況、誰だってクズ高の負けを考える。

しかし流石監督

「こんなのピンチでもなんでもない」


言うねぇw

 

 


戦略を立てる。
狙いは延長戦だ。

恐らくフリースロー二本は入れられる。
これで点差は3点・・・

 

残り時間を考えても追いつくので精一杯。
3Pで同点・・・そこからの延長。


となれば、その先の対策として
茂義と中田を下げ、体力回復に努めさせる。

 

そしてキャプテン百春を出すという!


怪我をおしても、この最終局面
出ないで悔いを残すくらいなら・・・といったところか

まぁこれなら全員が納得できるしね。

百春はここで終わりにしないと誓う!


そして菖蒲のフリースローが始まった!
元々二本はくれてやる気構えでいるクズ高。

 

一本目、入ったものの、僅かによれた
疲れによるものか、ファウルで負傷したのか。

 

そして二本目・・・
なんとゴールに嫌われる!

点差は2点!
これなら延長を狙わず逆転のチャンス!!