読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画レビュー】改造人間ロギィ 第10話 ろくでもない奴ら【週刊少年ジャンプ22・23合併号】

漫画レビュー 週刊少年ジャンプレビュー

■改造人間ロギィ
第10話 ろくでもない奴ら

f:id:sarapan2014:20150423170519p:plain

 

■前回のレビュー

 

立ち上がるロギィ。

悪徳警官に語りかける。

「あんた、身内か誰かが改造人間になんかされたの?」

反応を見せる警官・・・どうやら図星のようだ。

やはり何かされたのか・・・
でなければここまでの憎しみは抱かないはずだ。

 

「悪かったな」


謝るロギィ。
悪徳警官の言ってることは大体正しいというロギィ。

「改造人間なんていない方がいいってのはホントそうだわ」

ロギィは続ける。

「でも例えばそんなろくでもない奴らの元凶になった奴がいて…
 元凶にしかなれなかった奴がいて
 今でもろくでもない奴らの"中"で生きてて
 そいつが自分の友達だったら
 …あんたならどうする?」


(´;ω;`)ハロのことか。。


突如振り出す雨。
へたり込む悪徳警察。

どうやら電気人間は雨に弱いらしい。
溜め込んだそばから電気と一緒に体力が流れ出てしまうらしい。


二人は一瞬見つめあい、ロギィはニヤリと笑う!
そしてここぞとばかりに攻撃に移るロギィww
逃げ惑う警察ww

ワロタww
この80年代臭たまらねぇwww

 

あんなシリアスからこれかよww

さいこうだぁww

容赦ない攻撃を放つロギィだったが
これが裏目にw

ロギィの蹴りで壁が壊れ、むき出しになった電源コード!
そこから得た電気で攻守逆転!!

ロギィは逃げ回るw


しかし体に電気を留めておけない!
恐らくあと一発が限度。

ロギィを探す警官!
背後から空中蹴りを放つロギィ!
しかし気づかれてしまう!

「やば!」

ロギィは一瞬でハイヒールを脱ぎ、それが避雷針に!
雷をかわすと同時に強烈な一撃を浴びせるロギィ!

決着!


一方犬は警官の親玉と一緒にいた。
どうやら助けを呼びに言ったつもりだったらしい。

しかし逆に犬はリストに載ってるため御用になる!?
だがボスの寛大な心で今回は助かったようだ。