読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画レビュー】弱虫ペダル RIDE.351 揺らぐ総北 総北ボロボロ(´;ω;`)

■弱虫ペダル

RIDE.351 揺らぐ総北

f:id:sarapan2014:20150424114429p:plain

「先輩としてやれることか」

 

■前回のレビュー

表彰式を遠く見つめる総北卒業生三人の姿・・・

 

「いいのか巻島それで」

金城が尋ねる。

 

「ああ」

と答える巻島。

 

「おめーが決めていいんだぜ。おめーが一番遠くから来てんだ・・・」

と田所。

 

やはり後輩達は遠くで見守ることにしたのかな・・・

 

「クハ…!!いいショそれで」

「仕方ない」 

 

一方総北の待機室では・・・

 

手嶋のダメージが想像以上のようだ。

真波とあれだけの勝負をしたのだ。

これはある意味当然の結果かもしれない。

 

「大丈夫だ」

 

言葉とは裏腹に、脂汗が吹き出る手嶋。

マッサージを受けつつ、鳴子の心配をする手嶋(´;ω;`)

 

「インターハイの総合2位だ…表彰台だ

 帰ってきたら皆でほめてやれ」

 

いいキャプテンだなぁ。。

 

小野田は自分が頑張らなくちゃいけなかったと悔やむ。

しかし、無理にでも明るくしようとする小野田君(´・ω・`)

 

「そうだダジャレを言おう」とかw

 

タイミングよく手嶋さんが小野田君を呼ぶw

 

「ダレジャッ あっはい!」

 

わらたw

小野田君もしっかりと労う手嶋さん。

なんか居なくなってしまうような雰囲気だな(((( ;゚д゚)))

 

「おかげで6人全員で無事ゴールできたよ」

 

手嶋さんのこの状態・・・

明日も走れるのだろうか?

 

口には出さなかったが、皆が思っていた。

それを口にしたのは綾だったw

 

静まり返る現場w

 

そして突然倒れる鏑木!!

 

「倒れたよ!?鏑木くん!!」

 

って小野田君w

 

なんかウッソ思い出したww

 

「待ち伏せですよ!?カテジナさん!!」

 

と似すぎだろww

 

さっきまでイキってたのにいきなりどうした(((( ;゚д゚)))

どうやらレース中やレース後は

アドレナリンが出てるから元気にしてられるんだって。

 

だから自分でも気付かない疲労なんかが一気にくるんだと。

 

今泉君は無理にでもクールダウンさせるべきだったと心の中で反省(´・ω・`)

 

手嶋さんは小野田に鳴子を探しにいってくれと頼む。

どうやら、メンバー6人に話しておかなきゃならないことがあるらしい。

 

(((( ;゚д゚)))嫌な予感。。

 

小野田君も悪い想像が膨らむ!

しかし、悪いイメージは悪い結果を引き寄せる・・・との巻島の言葉を思い出し

考えないようにする小野田君。

 

6人揃ってることが大事だ!

 

「きっと大丈夫!

 総北は一人一人が支え合って走るチームなんだ!

 金城さんも去年言ってた!!」

 

そんな小野田の前に現れる金城。

 

「見ていたぞゴール前で

 いいチームに仕上がってるじゃないか小野田」

 

笑顔がまぶし過ぎるぜ金城さん!

盛り上がる小野田!

 

今チームが大変な時・・・

小野田は金城さんにテントに来て欲しいと引っ張るが

 

金城は動こうとしない。

 

「行けない」

 

驚く小野田君。

 

「でも、一目だけでも皆さんに

 そ…総北は支えあうチームなんですよね!?」

 

「支え合うのはおまえたちだ」

 

「え」

 

「もしもの時・・・

 手をさしのべられる場所にいるのはおまえたちだけだ

 オレたちはすでに卒業してしまっている

 もうおまえたちを支えることはできない

 

衝撃の小野田!

 

だが正しいと思う(´・ω・`)

乗り越えるんやで!

 

■前回

 

■次回

 

■弱虫ペダル感想まとめ