読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画レビュー】Ultra Battle Satellite R11.ペガサス幻想【週刊少年ジャンプ25号】

■Ultra Battle Satellite
R11.ペガサス幻想

f:id:sarapan2014:20150427093207p:plain

タイトルからしてヤバいw

 

ももっちとフェンスの上で特訓に励む陣。

呑み込みの速さは段違いの陣!

ももっち直伝の技も一通り習得したようだ。

 

しかし、それはあくまで型として・・・

飛鳥クラスの相手に通用させるには実戦で技を磨いていくしかないという。

 

ということで今後は高額プレイヤーと実戦練習をすることに!

 

陣達は早川の見舞いに病院へいくことへ。

1話か2話で他のファイターにぼこぼこにされた空手家だ。

 

電車が来て不用意に立ち上がる陣に説教するももっち。

もし今私が不意打ちを仕掛けたらバランスを崩し背後を取られた、と。

 

実戦の勝敗を決めるのは肉体が3割、頭脳が7割といわれているそうだ。

戦闘における思考の鍛錬百地流の"想闘"というらしい。

 

電車内で想闘をするももっちと陣。

若干引く武田ww

だがこの二人お似合いかもw

 

病院についた三人。

早川はハイテンションで「元気か!」というw

お前が元気かw

 

俺はこの一か月で別人になったという早川。

けが人で一体何が出来るのかと思う一行。

どうやらAmazonで発想力を磨く秘伝書を購入したらしいw

 

不意打ちを学んで意気揚々な早川だったが、

陣はそれに対応する戦略を言って早川を黙らせるw

 

やはり陣は違う・・・先輩のようだと

その先輩とは陣を倒した飛鳥レイ。

 

以前手合せした時、武道家じゃないと言われたようだ。

実戦では容赦がない奴が勝つ。

実戦では覚悟のないものが負けるのだ。

 

そんな話をしていると陣とももっちのスマホが鳴りだした!

どうやら賞金額1000万を超える他のプレイヤーが接近してくるようだ。

 

しかも三人!!

 

どうやら三人中二人は早川の所属する星道館の先輩のようだ。

表の世界でも有名人な三人。

早川を説教にきたのか。

 

早川を罵倒する先輩に頭にきた陣は、三人のうち一人

2m越えの男を挑発!

 

怒り狂う巨人!繰り出される蹴り!

これにひょいと乗る陣!

この1ヶ月の特訓の成果はちゃんと出ている!

見事なバランス感覚!

 

陣はそのまま体を駆けのぼり、顎に飛び膝蹴りを決める!

百地流天馬炸裂!!

 

賞金額1500万をあっさりK.O.!

 

■前回

■次回

 

■Ultra Battle Satellite感想まとめ