読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画レビュー】ピンキュー★★★ 第8話 才能のある人【週刊少年マガジン26号】

■ピンキュー★★★
第8話 部長失格

f:id:sarapan2014:20150501130918p:plain

一戦目を勝利で納めた一卓。

八乙女高校の監督は敗れた椎名に、もう少し情報があれば勝てていたかと聞かれ、

椎名は「そんなレベルじゃなかったです」と答えた。

 

明日からは練習を倍にするという。

椎名はきっとこれからもっと強くなるだろう。

 

観客席に現れた王者雪平。

他のメンバーも二人いるがモブ臭がする。

弱小校というだけで、敵を知りもしないで雑魚と決めつけるチームメイトを一括する雪平。

彼は対戦する予定があるすべての選手を頭に入れているという。

 

 

そうこうしていると次の試合がはじまった!

蔵ノ一は棟方主将!

相手の八乙女は青柳!

 

共にひでぇ顔だww

 

青柳もキャプテンなのかww

クソワロタww

 

試合はあっという間に3ゲーム進行。

2対1で第三ゲームを八乙女高校にとられてしまう。

 

一卓は部長なんだから逆転負けはないだろwとプレッシャーをかけるw

王者雪平も棟方の技術は評価するものの、スタミナが少ない事を指摘する。

 

つまり後半落ちていくわけか。

一方の青柳はスロースターター。

後半になるにつれ、調子は上がってくる!

 

自滅の棟方

 

気が付けば10対9にまで追いつかれていた。

あと1点のところまで来てるのにその1点が取れない。

 

一卓はこのゲーム落としたら部長失格だぞ!と発破をかける!

 

この一言が効いたのか、粘りを見せる棟方!

いつもなら諦めていた所を拾いまくる!

もう息絶え絶えで、明らかに限界を超えてるのに、気持ちで繋いでいる!

 

部長としての意地!!

 

一卓が卓球部に来てから変わった部長。

彼なりの努力は積んできた!!

 

勝つために!!

 

そして宣言通り勝利を掴み部長の体面を守った部長w

だが一卓はどこか馬鹿にしてる態度ww

尊敬しているのだろうかww