読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画レビュー】神さまの言うとおり弐 第110話/逆【週刊少年マガジン26号】

■神さまの言うとおり弐
第110話/逆

f:id:sarapan2014:20150427093207p:plain

天邪鬼・・・いたずらでわざと逆さの事を言う悪鬼。

つまり「逆さ」!!

 

この迷宮では全てのルールが「逆」なんだ!!

そう考えれば全てが繋がる!

 

さっきの部屋では、クリア条件が

制限時間内に「脱出せよ」じゃなくて・・・

時間切れまで「脱出するな」だったわけだ!

 

だから明石はクリアできた!

 

今回の部屋ジグソードールのルールは

『パズルを完成させて魂を肉体に戻せ』

じゃあその逆は・・・

 

 

『パズルを完成させずに魂を肉体に戻すな』

 

ん・・・?

どういう意味だ?

 

『パズルを完成させず』に

『魂を肉体に戻さない』・・・?

 

一体どういう事なのか。

 

 

このパズルピースは使わないのか?

ハメないのが正解?

 

だが人形にはハメる穴があるし・・・

 

明石は帽子野郎が言っていたことを思い出した!

「ハズレだよ・・・パズルをハメる穴すら無いもん」

 

全部のドールの中に一つだけあったじゃん!!

パズルの穴が無い人形!

 

正解はきっとそれだ!

明石は穴のない人形を抱え上げた!

 

しかしその人形は”男”!!

明石よ!あそこにぎんなやwwwww

 

 

「ジグソードール」の部屋

クリア

 

明石靖人、天馬遊、生きる。

 

 

「え!?正解!!?」

 

驚きを隠せない明石w

裸で抱き着いてくる天馬ちゃん!

 

「チョトマテ・・・チョトマテ・・・天馬ちゃん・・・?

 男だったの?

 

「え?はい。そーですけど?」

 

驚きの真実ww

女の子のかっこーじゃないかww

 

「そーゆーのが好きだから着てるだけです。

 てゆーか『天邪鬼』だからさっきの人形たちも

 性別が『逆』だったんじゃないでしょうか?」

 

天馬ちゃんも気づいたようだが、今はそれよりも

今までと同じように接せられない明石ww

 

出口の扉、そして天馬君の服と鍵が現れた。

 

 

改めて明石にお礼を言う天馬君。

明石は別にいいとそっけない態度。

あくまでも助けたかったから助けただけ。

別に一緒に戦う気はないという。

 

明石はすぐさま「じゃあ!」と駆け出した!

 

それについていく天馬君!

 

「ついて来たら今度こそしぬよ!…天馬君!」

「ちゃんでいいですってば!

 別に私しんでも構いません!

 私はついていきたいからついていくんです!

 私がしんでも明石さんのせいじゃありませんから!」

 

走る明石を追いながら天馬君は叫ぶ!

 

「他の人だってそーですよきっと!

 誰も明石さんのせいでしんだなんて思ってません!」

「何でついてくんの!?

 クリアの方法もわかったでしょ!?

 あとは自力でゴール探しなよ!!」

 

「嫌です!!」

「俺いまから仲間探すからついてきてもマジで意味無いって!」

 

「それでも行くんです!」

 

迷路を走り回る二人。

あまりのしつこさに明石は諦めて、天馬ちゃんは放っておくことに・・

 

青山を探すことに集中!

やることはそれだけだ!

 

すると天馬ちゃんが何かに気づいた。

曲がり角に血文字で「し」が書かれている。

 

さっきもあったやつだ!

 

すると明石の後ろで「ドサッ」と何か倒れる音がした!

振り返るとそこには紫村が倒れていた!

 

「誰かにやられたのか!?」

 

駆け寄った明石は紫村を介抱する。

どうやら誰かに何かされたわけではなく、迷路で迷わないように

角に血文字でしむらの「し」を書いてるうちに、血を見すぎて気持ち悪くなっただけという。

 

コイツの仕業かよww

 

「何やってんだよお前・・・」

「バカなんですかこの人!?」

「へへへ・・・」

 

へへへじゃねぇよww

 

その時だった!

近くの扉が開いたかと思ったら、中から三人の男が飛び出してきた!

 

三人ともボロボロだ!

 

「せっかくあまのじゃくのシステムがわかったのに・・・

 俺らがクリアしたのに・・・」

 

と語る傷だらけの男!

 

「返せよ・・・!!俺らのカギだぞ・・・」

「やめろ・・・!ころされるぞ・・・」

 

再び扉が開いた。

 

怯える三人!!

 

「ひぃい!!」

「う…嘘です嘘です!」

「ころさないでぇ・・・!!」

 

!・・・見つけた!!

 

出て来たのは命乞いをするボロボロの男の頭を掴んだ青山だった!!

修羅!!((((;゜Д゜)))

 

 

もう逃がさねぇぞ・・・

と明石。

 

しかしこの青山に近づくのは危ない気が((((;゜Д゜)))

 

■前回

 

■次回

 

■神さまの言うとおり弐感想まとめ