読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画レビュー】ピンキュー★★★ 第9話 たった一つだけ【週刊少年マガジン27号】

漫画レビュー 週刊少年マガジンレビュー

■ピンキュー★★★
第9話 たった一つだけ

f:id:sarapan2014:20150427155945p:plain

2戦連取した蔵高。

今まで弱小校で通っていただけに、この快進撃に会場も沸く!

そんな中、はじまるのはダブルス!

 

蔵高はエース一卓と素人広瀬ペア。

対する八乙女は白松海と赤坂潤の二年ペア。

 

エース椎名が出てこない所を見れば、

どうやら相手はダブルス専用ペアのようだ。

 

相手は大会でも上位に顔を出すほどの強敵らしい。

一方一卓のダブルスの実力は?

素人広瀬はやれるのか!?

 

試合開始!

 

一卓からのサービス!

下回転で最初から飛ばす!

しかしこれは返されてしまう!

 

そして球は広瀬の元へ!

打ち返す広瀬だったが、いきなり台から別方向へ飛んで行ってしまった!

 

この一打で素人とバレテしまった広瀬!

 

ダブルスの基本ルールとして必ず交互に打ち返さないといけない。

それ故に一卓一人が頑張ればいいというものではないのである。

 

これはピンチ!!

 

2回に1度必ずやってくるピンチ!!

 

 

八乙女は素人広瀬がなんとかつなぎ、

上手い方の一卓が決めに来ると予想。

 

広瀬を狙い撃ちにし、

11-4で八乙女が第一ゲームを制した。

 

落ち込む広瀬。

そんな広瀬を励ます一卓。

 

「1ゲームは準備運動だと思え!

 大丈夫だ広瀬この2週間みっちりやってきたんだ・・・

 特訓の成果を信じろ!!

 

そして第二ゲーム。

広瀬からだいぶ固さが取れて来た!

 

ようやく球を返すことに成功!

一卓もせっかく繋いだラリーをとだえさせないように尽力する!

 

そして広瀬にやってきた絶好球!

 

この二週間・・・

たった一つの事だけを練習してきた

 

そして今こそ、その成果を見せるチャンス!!

 

「広瀬!決めろ!!」

 

広瀬のスマッシュが決まった!!

これを・・・これだけを練習してきた!

 

繋ぎとフィニッシュが逆!!

これには八乙女も意表をつかれた!

 

 

確かに広瀬も凄いが、スマッシュを決めるための絶好球に導いたのは

紛れもなく一卓の功績!

 

さぁて反撃開始だ!!