読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画レビュー】ブラッククローバー ページ17 破壊者【週刊少年ジャンプ29号】

■ブラッククローバー
ページ17 破壊者

f:id:sarapan2014:20150427093207p:plain

クラウスは驚愕していた。

 

・・・ど・・・

どういう事だ・・・!?

 

「金色の夜明け」の我々が敵わなかったヤツの強大な魔法を・・・

あんな・・・

「黒の暴牛」の下民風情が・・・・・!

 

 

そんな事を考えているとマルスの"タロスの人形"がクラウスを狙って襲ってきた!

 

反応が遅れたクラウス!

その危機を救ったのはラックだった!

 

一蹴りでタロスの人形を粉々にする!

やっぱ強い!

 

コイツは・・・!

確か入団試験で対戦相手を必要以上に叩きのめして問題になった・・・

"狂気のラック"・・・

 

「黒の暴牛」のもう一人はコイツだったか・・・!

 

「私としたことが『黒の暴牛』に助けられるとは・・・・・!!」

 

頭を抱えるクラウスw

 

 

一方ノエルは傷を負ったミモザを発見。

 

「ミモザ・・・!」

「お恥ずかしいところを・・・

 ノエルさんのおっしゃってた通り私トロいですわね・・・」

 

「・・・・・・そうね。アンタは昔からそうだったわ・・・

 ・・・だから・・・私がアンタを守ってあげるわ・・・!」

「ノエルさん・・・」

 

 

「『金色の夜明け』のみんなをやったのはオマエかァー!?」

とアスタ。

 

「・・・だとしたら何だ・・・?」

マルスは鉱石の鎧を身に纏い、タロスの人形を複数操る

鉱石創成魔法"タロスの人形群"を生み出した!

 

「弱いヤツから消える・・・それだけだ」

 

「な・・・・!!何という数を同時に・・・!!」

 

「戦場ではそんなヤツに存在する価値など無い。

 オレはそんなオマエらを壊す為に生まれた」

「そーかよ・・・じゃあオレを・・・

 壊してみろ!!!

 

向かってくるタロスの人形を粉々になぎ倒すアスタ!

 

「そのつもりだ」

 

巨大な剣レーヴァテインがアスタを襲う!!

しかしアスタはこれを一刀両断!

 

すぐさまマルス目がけて駆け出した!

マルスは自らの足から鉱石を放つ!

 

放たれた鉱石は地面を伝いアスタの足に絡みつき、アスタの動きを封じる!

だがアスタはこの鉱石をも剣で砕き、狙いをマルス本体へ向ける!

 

そして放たれた斬撃はマルスの腹に直撃!

鉱石の鎧が砕け散る!

 

その場にいた全員が思った。

 

『強い・・・!!!』

 

「・・・・!!ありえん・・・!!

 魔力が希薄な下民如きがこんな・・・」とクラウス。

「アナタさっきからつべこべうるさいわね!!」

 

ノエルは迫るタロスの人形を倒しながら叫ぶ!

 

「!!」

「魔力の無効化・・・それがアスタの能力なのよ」

 

「・・・無効化・・・だと・・・・!?」

 

何だその下民に似つかわしくない力は・・・!

 

「ただのラッキーで能力に恵まれたってことか・・・!」

「・・・・・・・

 ラッキーかどうかは・・・見てればわかるわ!!」

 

「オイコラァーもう終わりかコノヤロォー!!」

 

その時だった!

倒れたマルスの周りに異変が!

凄まじい勢いで鉱石が盛り上がっていく!

 

アスタは襲いくる鉱石の波を斬るが、斬ったそばから再生!

ついにアスタは鉱石の一撃を浴びてしまった!

 

「アスターーー!!」

ユノは叫ぶ!

 

「・・・何なんだ・・・・?

 オマエは・・・・・・!」

 

マルスは鉱石創成魔法"タイタンの重鎧"を使いアスタと対峙する!

体をまるっと包み込み、巨大な鉱石の体を手にしたマルス!

 

アスタも無傷ではない。

ダメージはかなりある・・・。

 

「・・・・オレは・・・生まれつき魔力が全く無い人間だ」

「・・・・・・・・・!!魔力が全く無いだと・・・!?

 ・・・やはり運よく能力を得ただけ・・・」

 

クラウスはアスタの体を見て言葉を止めた。

 

「それでも魔法帝になってみせる

 それを証明する為にオレは生きている・・・!!!」

 

・・・何だその身体は・・・・・・・!!

一体どれだけの鍛錬を・・・!!

魔法帝だと・・・!?!

コイツ・・・本気で・・・・・・!?

 

驚愕のクラウス!

 

 

「・・・・・・・・」

 

『マルスは将来何になりたいの・・・?』

 

「・・・オレは・・・すべてを壊すだけだ・・・・・・!」

「すべてを壊すだァ!?魔法帝は全てを守る存在だぞ!!

 そんなヤツに負けてたまるかァァーーー!!」

 

『私達はこの國のみんなを守る為に生まれて来たんだよ』

 

「ーーーー・・・邪魔だ・・・消えろ石コロ!!!」

「石コロは石コロでもオレはァア」

 

ダイヤモンドを砕く石コロだ!!!!

 

タイタンの重凱を砕くアスタの一撃!!

タロスの人形も動きを止めた!

 

マルスを倒したということか!

 

「宝物殿に行くのはオレ達クローバー王国の魔法騎士団だァァーーー!!!」

 

勝利!!

 

■前回

 

■次回

 

■ブラッククローバー感想まとめ