読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画レビュー】NARUTO-ナルト-外伝 ~七代目火影と緋色の花つ月~ No.700+8 本物 後編【週刊少年ジャンプ30号】

漫画レビュー 週刊少年ジャンプレビュー

■NARUTO-ナルト-外伝 ~七代目火影と緋色の花つ月~
No.700+8 本物

f:id:sarapan2014:20150427115915p:plain

■前編はこちら

 

ナルトに言われ、昔を思い出すサラダ・・・

 

「ねぇ・・・私のパパはどこにいるの?」

「大事なお仕事に出かけてるのよ。それが終われば帰ってくるの」

 

サクラは心苦しそうに幼少の娘に言い聞かせていた。

 

・・・・

 

サラダは自分が熱を出し、寝込んでいたとき・・・

サクラがそばにいて看病してくれていたことを思い出す。

 

・・・・

 

 

「ねェ・・・ママ・・・パパはいつ帰って来るの?」

「大事なお仕事だからすぐには帰って来れないの」

 

「パパは私とママの事どーでもいいの?」

「え?・・・そんなことないよ!」

 

「なら何で私達のところにへ帰ってこないの?」

「・・・サラダ・・・

 パパは私たちの事を大切だと思ってる…だからこそ帰ってこれないの…

 今は分からないかもしれないけど、いつかきっとそれも分かる日が来るから…」

 

涙を浮かべるサラダを、黙ってぎゅっと抱きしめるサクラ。

 

「苦しいよ…ママ」

「!ご…ごめん、つい…ねっ。かわいすぎて力が」

 

「…ママってさパパとキスした?」

「え!?」

 

考え込むサクラ。

 

「へへへ・・・」

 

照れくさそうに顔を隠すサクラ。

 

「何?…どうしたの?」

「ちょっとね…もっといい事思い出しちゃって…」

 

「・・・・・・ママのエッチ」

「イヤイヤ!そうじゃなくて!」

 

「ねェ・・・じゃあそのキスよりいい事って!?」

 

サクラはサラダの額に指をトンっとして

 

「その話はまた今度」といった。

 

「?・・・急に何?」

「…パパに会ったら分かると思うよ」

 

サラダはサクラの作ってくれたお弁当を食べながら、

額を触っては、あの時のトンっとしてくれたサクラを思い出していた。

 

・・・・・

・・・

 

「・・・・・ママ・・・」

「・・・・」

 

涙を流すサラダを見つめるナルト。

 

「うっ・・・うっ・・・私・・・

 やっぱりママを・・・助けたい・・・・」

「・・・そうか・・・・」

 

「・・・・・でも・・・もう昔みたいには・・・

 どうしたら・・・いいの?」

 

ナルトはサラダの両肩に手をあて、目を見てこういった。

 

「偽者だろーが本物だろーが、そんなのはどうだっていい

 助けてーって想いがあったんなら・・・

 それが本物だ!

 

 ・・・行くぞ!ママを助けに!」

 

ようやくサラダの瞳から写輪眼が消えた。

 

「・・・うん・・・」

 

・・・・

・・

 

「!お前たちどこに行ってた!?」

「迷ったんじゃない?…ここ入りくんでるし…」と水月ww

 

「サスケェーーー!!お前後で話があっからよォーーー!!」

「何だ?」

 

「話は後!まずはサクラちゃんを助けに行く」

「もうころされちゃってるかもねェ・・・」と大蛇丸。

 

「…オレの妻はそんなヤワな女じゃない。

 迎えに行ったら全部かたづいてる可能性だってある」

 

そう言うサスケを見つめるサラダ。

 

「・・・場所は分かった。オレが全員連れていく。

 やっと瞳力が戻ってきたところだ・・・」

 

サスケの瞳が万華鏡写輪眼に変化!

 

「お前・・・瞳力が弱ってたのか?・・・道理で・・・」

 

「カグヤの時空間の位置を調べその中に入るにはかなりのチャクラを・・・

 ・・・イヤ・・・お前にブツブツ言われる筋合いはないな!

 お前のさっきの戦いは何だ?次は子供を不安にさせるなよ」

 

須佐能乎を出すサスケ!

 

「いや!!お前に言われたくねェーーー!

 子供を不安にさせる事については!!」

 

ナルト正論すぎるwww

 

「サラダ・・・アンタのパパって何者?

 ・・・いい者じゃないのは確かだけど」

 

チョウチョウwww

いい者じゃないってww

 

「・・・やっぱりすごい・・・」とサラダ。

 

 

一方その頃シンとサクラは・・・

 

「オレの目的は・・・

 お前ら平和ボケした遺伝子を根絶やす事・・・

 オレの邪魔をする遺伝子を消滅させる事だ・・・

 そして・・・お前もその一人・・・

 

「フッ…アンタが何者で何をたくらんでるか

 私の夫が知りたがってたから…

 聞き出してあげてただけ…分かる!?」

 

骨ポキポキ!

ボコる準備OK!!

 

サクラの凶拳が火を噴くぞ(((( ;゚д゚)))

 

■前回

■次回

 

■NARUTO-ナルト-外伝 ~七代目火影と緋色の花つ月~感想まとめ