読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画レビュー】刃牙道 第68話「佐々木某」 烈つぁんを俺は守護れなかったッ!

漫画レビュー 週刊少年チャンピオンレビュー

■刃牙道
第68話「佐々木某」

f:id:sarapan2014:20150424114429p:plain

「また達人本部の守護キャラ復活でネタにされそうww」

 

■前回のレビュー

「如何かな武蔵どの。あの天才剣士、佐々木小次郎と烈海王。

 聞かせてくれ・・・!どっちが強いんじゃ!!?」

 

ご老公の質問に対し、考え込む武蔵。

 

「ん!?ん!?」

 

武蔵はかなり頭を悩ませて考えてる様子。

 

考えとる・・・・・・・・・ッッ

迷っとる・・・・・・・・・・・・・ッッ

うう・・・・・ッッ

なんと・・・・・・・ッッ

なんという光栄だッッ

 

比較べとるんじゃ!!!

かの天才美剣士、佐々木小次郎と・・・・ッッ

我らが拳雄、烈 海王を!!!

 

 

剣豪 対 拳豪

 

回答えはどっちじゃ!!?

 

「あッ」

 

どっちじゃ!!!

 

「船島だ」

「え?」

 

ふな・・・

 

「そうだろ。なぁ。

 おぬしが言うとるのは船島で立ち合った、佐々木某のことだ」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・ッッ

 

「なんか、忘れてたっぽいが・・・?」

「いやいや、何を言うとる。思い出したではないか」

 

焦る武蔵w

 

か・・・・軽いのォ~~~~~~~~~~・・・・・

 

「俺もけっこうたくさんやっとるから」

「・・・・」

 

「たしかその流儀を・・・・ん~~~~~・・・ガン・・・リュウ・・・・」

「ちょちょちょ・・・ッッ!

 宿命の好敵手ではなかったのか、佐々木小次郎とはッッ」

 

「らいばる・・・」

「巌流佐々木小次郎とは、最大の強敵ではなかったのか・・・!?」

 

「いやぁ~~~~~・・・普通だな」

 

思わず身を乗り出して、湯のみをひっくり返すご老公。

 

「ふつう!!?」

 

「特に弱いわけではないが・・・かと言って特別に~~~・・・・」

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ッッ

 

「ふつう・・・って・・・アンタ」

 

落胆するご老公。

再び質問を投げかける。

 

「・・・で、烈 海王はどうじゃ、普通か」

 

「合戦に喩えるほどの戦力、普通のハズはなかろう」

 

この言葉に眼を丸くして高揚するご老公。

 

「そもそも、おぬしの紹介した3名、奴らは皆、普通ではない。

 かの戦国の世にあっても、そこそこ名を成したであろう」

 

「そこそこかいッッ」

 

「次を待つ」

「!おぬし・・・もうやりたいのか!?」

 

毎日でも構わんッッ

 

 

その頃・・・

刃牙は本部の道場を訪れていた。

 

本部を前に、正座する刃牙。

 

「老若男女、誰にでも開放された道場故・・・入門を断る理由はないが。

 今どき、何故に古流武術を身に付けたいなどと・・・?」

 

「ん~~~~・・・意地がワルいぜ本部さん。

 ここにきて・・・本部さんを訪ねる理由・・・・・って。

 歴史に触れたく・・・しかも、健康にもいいから・・・・とか?」

 

「駄目だ」

 

「え!!?ダメなの!?」

 

もはや頑固親父のそれ!

腕を組んでしかめ面!

 

「銃で脅してでも止めるべきだった。

 俺が烈 海王を守護れなかった」

 

・・・・・・・・・

 

「・・・・・・・・え?」

 

「ムリだぜアンタらには。逆立ちしてもな」

 

ピクッ

 

この一言に刃牙が反応。

 

俺が守護る!!

 

「あの武蔵の魔手から君らを!!」

 

「誰を?」

 

刃牙ブチ切れ!!?

まさかの本部狩りがはじまってしまうのか!?

 

守護キャラに成り果てた本部をボコボコにする刃牙!?

はたまた、ここにきて水準を上げに来てる本部がまさかの刃牙圧倒!?

 

公園本部から道場本部にランクアップなるのか!?

 

■前回

 

■次回

 

■刃牙道感想まとめ