読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【ドラマレビュー】リスクの神様 第3話 感想

ドラマレビュー

■リスクの神様 第3話

f:id:sarapan2014:20150423163415p:plain

なんやなんや、今回は水上事故の隠ぺいが危機対策室の仕事か?

夜釣りをしてたクルーザーと衝突事故。

頭から血を流す男女。一応しんではいないようだ。

 

すでに現場には危機対策室が駆けつけ、

事故を引き起こした夜釣りグループに金を渡す西行寺。

「何もなかったことに」

 

どうやら、あの怪我人はサンライズ物産と大きな関わりがある人物のようだ。

 

実は怪我した二人の内、一人は籔谷代議士という2か月後の総裁選でも

有望視されてる人物だった。

どうやらサンライズ物産の坂手社長と繋がりがあるようで、

今回事故を起こしたクルーザーもサンライズ物産名義のものだったようだ。

 

そこで坂手社長から危機対策室に依頼がいったというわけだ。

不倫スキャンダルが世に出るわけにはいかない。

全てをなかったことにするように坂手社長から言われる西行寺。

 

そんな折、意識を取り戻した謎の女性。

しかし彼女は何も言おうとしない・・・。

様々な言葉で質問をするかおりだが、まるで反応がない。

 

一方、サンライズ物産のお抱えトップアイドル北条ちなみが

トラブルに巻き込まれる。

知り合いの男のマンションに行くと、部屋で血を吐いているという。

彼女と姉妹のような関係のサンライズ物産広報部・橘由香に助けを求めるちなみ。

 

ようやくトップアイドルの地位を手に入れた矢先に、

こんなスキャンダルが世に出てはアイドル生命も一瞬にして終わりを迎える。

 

由香はちなみに、ここには来ていないことにさせ、

男を自分で病院へ運ぶことに。

 

 

後日、籔谷代議士の秘書に話をしに行く西行寺とかおり。

当然のことながら、今回の事故の一件はまだ聞かされていなかったようだ。

 

秘書は公務を欠席したことを他の議員?につっこまれるが

風邪という理由でお茶を濁していた。

 

一方、ちなみはフリーライターの男からの強迫を受けていた。

困ったちなみは由香に相談。

由香がちなみに代わり、男との交渉に向かう。

 

あの男は自分の知り合いで、先にちなみを行かせただけだと誤魔化そうとするが

決定的な証拠写真を並べられ、2000万で手を打つと言い出した。

さらにフリーライターは、男が危険ドラッグの常習者だという噂があると言い出す。

動揺する由香・・・!

 

 

かわってその夜、なんとか意識を取り戻した籔谷代議士。

西行寺とかおりはすぐに話を聞きに行く。

 

しかし、籔谷はそんな女など知らないの一点張り。

このままマスコミに姿を隠したままだと、重病説が流れ、

総裁選には多大なダメージになる。

 

かといってこのケガをどう説明していいものか。

まして、張本人からの協力も得られない・・・どうしたものか。

そんな折、女が消えたと報告が入った。

 

 

事態はかなり切迫していた。

記者が女と籔谷が密会していた情報を掴んだらしい。

ほかにもライバル議員が重病説を吹聴するほか、

過去のサンライズ物産に起きた様々なトラブルを

籔谷議員の力で闇に葬ってきたことなども、バレる可能性がある。

 

そんな時、かおりに由香から電話が。

どうやらちなみの一件を解決欲しいということだった。

 

大きな問題を抱える中で更にもう一件のスキャンダル対策。

今回ばかりは西行寺もいい顔はしない・・・が、一応動いてくれるようだ。

 

西行寺はフリーライターの男と会い、データを2000万で買い取った。

この金はちなみの事務所から支払われるのだろうか・・・。

とりあえずちなみの方はこれで片付いた。

 

一方籔谷代議士の方は未だにだんまりを続けている。

 

そうこうしている合間にマスコミも騒ぎ始める。

非情にまずい状態。

そんな中、籔谷と一緒にいた謎の女の携帯のロックがようやく解除出来た。

しかし、その中身はどこの国の文字かもわからぬものだった。

 

だが、そこは語学堪能なかおりの出番。

その文字を一目見てベニグスタン語だと見破り、

メールの解読にかかる。

 

 

しかし、そんな矢先にまたも問題発生。

北条ちなみのスキャンダルが記事になってしまったのだ。

危険ドラッグのことまで・・・

 

どうやらフリーライターの男とは別の記者が掴んだネタのようだ。

全ての記者を口止めすることなど不可能・・・どうしようもない。

 

そして後日、ちなみの車内キス写真まで記事になってしまった。

もはや言い逃れが出来ない決定的なもの。

しかし、これを疑問視するかおり。

 

あまりにもタイミングが良すぎる。

西行寺を問い詰めると、どうやら記事の出所は西行寺本人だった!

記者から車中キス写真を買い取り、利用したという。

 

つまりより大きなスキャンダルで、籔谷のスキャンダルを覆い隠そうという手だ。

このやり方を批難するかおりだが、これが危機管理室の仕事だと言われ、

唇をかみしめるかおり。

 

 

一方かおりが、ベニグスタン語を解読したことにより、

あの謎の女はベニグスタン政府の人間だったのだ。

 

議員が何も話せなかった理由、それは政府間交渉をしていたため。

世界から危険視される軍事国家ベニグスタンと秘密裏に政府間交渉・・・。

そんなことが公になれば、総裁選などの話どころか、大バッシングで

政界にいられなくなる。

 

西行寺は自ら全てを語るべきだと籔谷に助言する。

結果的に相手がベニグスタンの密使ということを隠した上で、

密会デートを認め、それによりケガをしたことも認めた。

 

これにより次期総理の地位はかなり危ぶまれることになるが

秘密外交の件は完全にもみ消したことになるだろう。

 

 

一方由香はというと、ちなみのCM起用などによる損益の責任を取る形で

海外に飛ばされることに。

 

ちなみもまた、心機一転0からハリウッド女優を目指す為、海外に飛ぶようだ。

 

そんな折、かおり宛に白川専務からメールが。

会って話をしたいという。

 

白川専務は西行寺について疑問視しているようだ。

専務は部下に西行寺の事を独自に調査。

西行寺はアメリカにおいて、多大な功績を上げていたが1年前、

突然オフィスをたたみ、消息を絶っていたという。

 

そして今回、突如坂手社長に呼ばれ、日本にやってきた。

それが意味するところは、サンライズ物産に何か危機的状況が迫るということではないのか?との見解。

 

果たして・・・

 

 

一方徐々に明らかになる西行寺の父親のこと。

30年前・・・なんらかの理由で逮捕さる父親。

一体何があったのか・・・

 

今後も目を話せないですね。

 

■感想

今回もかなり面白かったですね。

しかし、毎度のことながら、口止め料半端ないね。

大企業になんかしようとすれば、こんな見返りがあるのか!

 

まぁ警察に相談できないような闇の部分を知らないと

これは成立しないだろうけどねー。

いやはや若干うらやましくなったぉ。。

 

■リスクの神様 人物紹介

▼サンライズ物産/危機管理室

西行寺智(室長)/堤真一

 かなりのやり手。伝説の男は伊達ではない! 

 

・財部栄一(副室長)/志賀廣太郎

 雰囲気は凄そうだけど、今のところ活躍はよくわかってない。

 

・種子島敏夫(調査主任)/古田新太

 この人が色々と調べるスペシャリストw

 雰囲気ありすぎてすげぇ不気味ww

 

・結城実(渉外担当)/森田剛

 こいつが研究員に扮して検証実験で仕組みをした張本人。

 てか、森田剛!!?V6の!?え!!?

 全然わからんかったwww写真見ても全然わからんのだけどwww

 

▼サンライズ物産/電機部 → 新会社ライフパワー/商品開発担当役員

神狩かおり/戸田恵梨香

 五ヶ国語を操る帰国子女。東大卒でかなりの自信家。

 ギラギラしたキャリアウーマン(((( ;゚д゚)))

 危機管理室でも活躍が期待されている。

 

▼サンライズ物産/広報部

・橘由香(主任)/山口紗弥加

 かおりと親しく、頼りにされる存在。

 

▼サンライズ物産/薬品部

・原田清志(主任)/満島真之介

 かおりの彼氏。

 

▼サンライズ物産/上層部

・坂手光輝(社長)/吉田鋼太郎

 社長。雰囲気ありすぎw

 

・白川誠一郎(専務)/小日向文世

 社長と対立してる(((( ;゚д゚)))

 かおりたち若手を囲って勉強会をしてる。

 いわゆる社長派閥を敵視している。

 

・天童徳馬(顧問)/平幹二朗

 この人1話に出てきたのか?見て無かったわw

 

▼謎の男

・関口孝雄/田中泯

 車椅子の老人。西行寺はお父さんと彼を呼んでいたが親子ということなのだろうか。

 

■前回

 

■次回



■リスクの神様感想まとめ