読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画レビュー】弱虫ペダル RIDE.365 アニソン ラブ★ヒメの力・・・絶大!!

漫画レビュー 週刊少年チャンピオンレビュー

■弱虫ペダル
RIDE.365 アニソン

f:id:sarapan2014:20150427155945p:plain

「これは・・・総北の伝統になりそうですわwww」

 

■前回のレビュー

青八木が鏑木に手渡した神様のビンセン・・・。

そこに書かれていたのは歌詞だった!

 

困惑する鏑木w

 

「歌は読むものじゃない。歌うものだ

 

青八木からの指示・・・それはこの集団の中、

ラブ★ヒメのオープニングテーマソング『恋のヒメヒメぺったんこ』を歌うこと!

それこそが集団を抜け出す秘策だと語る!

 

「何言ってんだ青八木さーーーーーん!!」

 

ワラタwwここに来て敬語に戻ったw

 

「『ラブ』と『ヒメ』の間には星が入る!!」

「どうした青八木ィ!!」

 

青八木の正気をうたがう鏑木w

 

アニメは見たことがないが歌ったことはあると語る青八木。

何度も繰り返し歌ってきたというが・・・一体どういう事なのか。

 

 

時は遡り、昨年の12月・・・

田所に呼び出された青八木。

 

3年最後のレースも終え受験勉強もひと段落ついた田所は、

青八木に重要な事を伝えたいというのだ。

 

スプリンターである青八木が、尊敬する田所からアドバイスを貰える・・・。

青八木は期待に胸を膨らませていたが、田所が言ったのは、

 

「アニソン憶えろ」

 

の一言だった。

困惑する青八木w

 

「!?!?!?ほへ!?」

 

田所は『恋のヒメヒメぺったんこ』のCDを取り出し解説を始めるw

青八木は反応に困ってるw

 

「小野田に教えてもらったんだ。この歌」

「・・・・・!!」

 

「インターハイ第2ステージのレース中に!!

 この歌のおかげでオレは金城たちのいるチーム総北に戻ることができた!!」

 

ロードレースは距離も時間も長い。

その中で予想しない様々な出来事が起きる。

 

そのイレギュラーに全て対応できる準備は出来ないだろう。

だが、できうる限りはやっておくべきだと田所は言う。

 

勝機に繋がる1%があるならば妥協せずサボらずキッチリ準備すべきだというのだ。

たとえそれが一見、意味のなさそうな『うた憶える』ことであってもだ、と。

 

「まぁ正直この歌をインターハイで歌うのなんてのは1日限りだったと思うし、

 何の役に立つんだと聞かれてもわかんねェとしか答えられねェ。

 けど、この見たこともないアニソンが、今年オレたち総北を

 優勝へ連れてってくれたひとつの力になったのは間違いねェんだ」

 

田所の言葉を素直に受け止める青八木!

 

・・・・・・

・・・

 

「ヒーメヒメヒメ!」

「おわっ!急に歌いだした!」

 

「ヒメはヒメなの」

「あ、青八木さん!」

 

集団の真っ只中で大声で歌いだす青八木w

周りはざわつき始めるww

これはあかんww事情知らない人間には変人に見られるww

 

「ヒメなのだ!!」

 

田所は、確かにこの歌でレースに復帰した。

青八木はそれを信じ歌い続ける!

 

鏑木は恥ずかしいと、青八木を止めようとするw

しかし、そんな制止を振り切って歌い続ける青八木w

 

「今のが一番だ」

「!?」

 

「憶えたか?」

「!?」

 

青八木の真剣な目・・・!

 

「さっき集団からとびだすために『何でもやる』と言ったのはウソか?」

「やっ・・・」

 

「この歌が勝機の1%になるとしても歌わないのか」

「・・・いやいや、なんないす。冷静になってください青八木さん。

 歌ですよ。単なる歌!しかもアニソン!勝機になんて」

 

「なるかならないかはわからない。だが、

 やる前にわかることなどひとつもない!!」

 

鏑木は揺れていた。

集団の中で大声で歌う・・・常識外れのその行動が集団を抜け出す結果を生む?

ありえない・・・!意味が解らない・・・!

しかし、青八木の目は真剣だ。

 

やってもいないのに何故わかる・・・確かにその通りだ。

なによりこれは神様がくれたメモだ!

これでマジで前に進めるのなら・・・

 

鏑木は覚悟を決めた!

 

「わかりましたよ!!アニソン一発!!オレも男だ!!

 歌いますよ大声で!!」

 

「つづけて歌え!!」

 

集団を抜けるため、ギアとケイデンスと歌のリズムを自分に合わせろと

青八木はいう!

 

鏑木は恥ずかしがりながらも歌い続ける!

しかも一回ではなく、もう一度頭から歌うというw

 

くそ、くそ!!

かっこわるい!!

大声で歌!!

 

超絶恥ずかしすぎる。

けど、オレは今ロードレースをやってる!!

ロードレースで闘えないことの方がもっとかっこわるい!!

 

青八木と鏑木は徐々に集団の前に出る!

苦しそうな鏑木を励ます青八木!

 

『こいつを使う時、重要なのは全部忘れて歌うことだ。

 オレにも理屈はわからねェ。けど、その方が確かに前に進めるんだ』

 

田所の言葉を思い出し、鏑木にもうしろのことは忘れて歌に集中しろという青八木。

 

さっきからメチャクチャな指示ではあるが、前に出るためならやってやる!と、

鏑木は歌いながら全力で進む!

 

その結果ついに集団を抜け出した!!

田所の言う通り、恋のヒメヒメぺったんこは役に立った!

 

あとは鏑木を連れて最前線に追いつくだけだ!

頑張れ!!

 

 

■前回

■次回

 

■弱虫ペダル感想まとめ