読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画レビュー】刃牙道 第74話「友人」 ダチの弔い合戦勃発ッッ!!

漫画レビュー 週刊少年チャンピオンレビュー

■刃牙道
第74話「友人」

f:id:sarapan2014:20150423170519p:plain

 「まさかこういった形で闘いが始まるとは・・・

 

■前回のレビュー

内海と話す達人渋川。

その後姿を見て、武蔵は関心する。

 

久々に背中に一本・・・しっかり通ってる、と評価する。

渋川の、その姿勢から武の力量をはかる武蔵。

 

内海は渋川に武蔵を紹介する。

ここで初めて両者が面を合わせた。

無表情の武蔵に対し、渋川はポカンと口をあけている。

 

内海他ギャラリーはこの両巨頭の動きを見守っているッ!

一体どう出る!?

 

「あぁ~~~~~・・・はいはいはいムサシさん」

 

そう言って笑顔を見せる渋川。

ムサシにかしこまり、戦意などまるで見せようとしない。

 

「お二方にお尋ねしたい・・・」

内海が切り出した。

 

「その存在感はもはや、日本に留まらず人類史に及んでいる。

 不世出の闘士として歴史にその名を刻む宮本武蔵さん。

 

 一方・・・現在を生きる達人中の達人、現役バリバリ渋川剛気センセイ。

 いったい・・・どちらが強いのでしょうね

 

担当直入ッッ!!

 

 

「いやいやいや!とんでもない!とんでもない!」

 

手を振って否定する渋川。

 

「な~~~にを言っとるかねアンタ!しっかりしてくれよ内海さん」

「はァ・・・・」

 

「『宮本武蔵』という言葉、その意味するところ、

 わたしら武に生きる者にとっちゃあれですぜ。

 "神の領域"どころか"神"そのもの」

 

渋川は武蔵に向かって、歩を進めた。

 

「どっちが強ぇえ?とんでもない・・・

 こうしてお会いできるだけで・・・光栄の至り・・・

 どうか握手をしてもらえませんか」

 

「!」

 

武蔵以外は察したかもしれない。

渋川の握手の意味をッ!

 

「あくしゅ・・・?」

「西洋式のあいさつというか・・・」

 

二人は握手を交わした。

 

?・・・長い?

 

「・・・?」

 

内海もこの状況に疑問を浮かべる。

二人は握手したまま固まってしまったのだ。

 

「あの・・・」

「手が離れんのだ」

 

「はい?」

 

内海も気づいた。

これは渋川の技術だということに!

まぁ内海の付き人だけは気づいてないようだが。

 

「妖か。離そうとしても手が離れん」

「もう手の内ってこった、神たま(はぁと」

 

メガネを外し、不適な笑みを浮かべる渋川w

相変わらず芝居が上手いなw

 

ズンッ!!

 

「おっ」

 

武蔵が態勢を崩した!

渋川の手を握る武蔵の手はプルプル痙攣し、汗が吹き出ている!!

同様に足もガタガタ痙攣している!

 

重量(おも)・・・・!!?

 

 

これが合気・・・!!

ついには武蔵は仰向けに寝そべってしまった!!

 

あの武蔵が、こうも簡単に!?

 

「理解っちゃあいるんだ。勝負とワカっちゃいるが、割り切れねぇ。

 烈海王は友人(ダチ)なんだ」

 

そう言うと、渋川は武蔵の顔面に向かって拳を振り下ろした!!

 

開戦ッ!!!

 

■前回

 

■次回

 

■刃牙道感想まとめ