読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画レビュー】刃牙道 第77話「さすがだぜ」 まさかのオーガの評価(((( ;゚д゚)))

■刃牙道
第77話「さすがだぜ」

f:id:sarapan2014:20150423113159p:plain

 「あの勇次郎が本部を認めた・・・だと・・・?

 

■前回のレビュー

先に動いたのは渋川だった。

武蔵に向かい、一歩踏み出した。

2人の距離はまだ遠い。

 

しかし、ここで武蔵が渋川同様に踏み込む。

だが、明らかに渋川よりも踏み込みが深く、一瞬にして渋川に超接近ッッ!

渋川の驚愕の表情からも、武蔵の踏み込みに気づく間も無く、

一瞬にして詰められたといった具合か。

 

そして武蔵は渋川の間合いに入るや否や、一閃ッ!!

武蔵が刀を持っていたならば、この時点で渋川はあっけなくやられていただろう。

この時点で、すでに二人の力量の差はかなりのものだと推測される。

 

 

 

「うッ・・・や・・・やられたァ~~~~!!!」

 

まるで時代劇である。

渋川剛気特有の悪ふざけ。

 

「んん~~~~~~~~?」

 

武蔵もあっけに取られている。

ギャラリー三名はいきなりのことに、

何が何やらちんぷんかんぷんな表情を浮かべている。

 

ついには「ぐわァァ~~~~ッッ!!」といって倒れこんでしまった。

白目までむいてるww意外と演技派だw

 

『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』

全員沈黙ww

 

「あの・・・センセ・・・」

 

ギャラリーの一人が倒れた渋川に声をかける。

するとようやく目を見開き、起き上がった。

 

「いやァ~~~~・・・・さすが」

 

そう言って立ち上がった。

 

「さすがは"剣の人"だ。『抜く手』も見せずバッサリ・・・・

 ・・・どころじゃねェ・・・

 踏み込む気配すらも見せねぇ。気づいたらバッサリだ。

 一足目を踏み込む間もなく詰められていた。

 触れる間もねェ。合気もクソもねぇ。完敗だ」

 

そういって渋川は右手を差し出した。

完敗と言いながら、明らかに誘っているw

武蔵を稀代の反則魔と言いつつも、渋川も相当な反則魔な気がするがw

 

渋川の差し出した手を武蔵は握り返してくれた。

恐らく、渋川の魂胆を見抜いた上で、あえて乗ってあげたのだろう。

 

「っと・・・・・うわぁ~~~~~・・・」

 

さすがだぜ

 

握られた渋川は額から汗が噴出している。

 

剣豪ってな、こうでなくっちゃ

 

めった斬りにされる渋川w

やっぱ魂胆見抜かれてたかw

 

笑みを浮かべる武蔵w

まぁ斬られるといっても所詮はイメージだから、肉体的なダメージはない。

 

だが、烈同様に武器を許可した試合を行えば、

相手に触れずには勝負にならない渋川は勝ち目はないだろう。

 

・・・・・

・・・

 

一方・・・

とある男が、高級ホテルを訪れていた。

 

「徳川の爺ィだな・・・居所をチクリやがった・・・」

 

高級ホテルの0000号室。

そこに勇次郎はいた。

 

あいも変わらずパンツ一丁である。

 

「あまり言いたかねぇことだが本部よ。

 おめぇん所、訪ねようとしていた」 

 

「!アンタが・・・この俺を訪ねる・・・?」

 

「ここんとこ客が増えてんじゃねぇか?」

 

奴の事はおめぇがイチバン理解ってる

 

ファッ!!?

あの勇次郎が本部を認めた・・・だと・・・?

 

■前回

 

■次回

 

■刃牙道感想まとめ