読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画感想】DAYS 117th day 下克上【週刊少年マガジン40号】

漫画レビュー 週刊少年マガジンレビュー

■DAYS
117th day 下克上

f:id:sarapan2014:20150427115915p:plain

紅白戦は3年生が先制した。

さらにもう1点取る気満々の三年!

 

しかし、大柴とつくしはそれを阻止するつもりで動き回る!

だが、技術力不足のつくしは早々にトラップミス!

再び三年生ボールになるかと思われたが、これをカバーしたのは来須だ!

 

だがそれもすぐに奪われる!

咄嗟に白鳥もカバーに入るがボールに触れるのが精一杯!

三年の縦パスは通ってしまう!

 

しかし、そこに君下がやってきてインターセプト!

すかさずつくしへのスルーパスを出す!

だがこれを臼井が止めた!

 

やはり一筋縄ではいかないか!

 

調子が上がってきた1・2年チーム。

ここで臼井が何やら指示を出す。

ラインを上げずにカウンターを狙うつもりか?

 

1・2年のスローインでゲーム再開!

大柴にボールが渡り、ドリブルで切り込むも、国母と速瀬がライン際まで追い詰める!

ついには大柴がボールをこぼし、ラインを割りかけてしまう!

 

 

 

だが、このこぼれ球を上がってきた新戸部が拾う!

これはチャンス!

センタリングを上げれば、ゴールを狙える!

 

ゴール前は両チーム密集する!

新戸部は誰にセンタリングを上げるのか!?

 

つくしもまたゴール前まで来ていた。

彼がマークを外すための動きで、ディフェンスに全く警戒されない動きがあった。

京王戦でバーに当てた時、東院戦で風間とワンツーで突破した時・・・。

その二つに共通していたもの、それは・・・ゴールから遠ざかる動き!

 

「上げろ新戸部!!」

 

その叫びとは逆にボールを下げた新戸部!

そこにはつくしがフリーでいた!

 

風間も認めるつくしのトラップ技術!

上手くボールを足元に落とした!ゴールも見えている!

 

打て!!!

 

しかし気づいた時には足元からボールは消えていた。

 

「いい判断だが、それをお前に教えたのは誰だと思ってる?」

 

臼井だ!!

すでに読んでいたいたか!

臼井は大きく前に蹴りだした!

 

そこには水樹が!カウンターが来るぞ!

だが、これを察していたか、大柴が水樹のマークに入ってる!

 

「あんたからゴールの匂いがした。さぁ下校時間だ」

「?」

 

「それを言うなら・・・下克上だタワケが!!」

 

君下も水樹の背後から迫る!!

水樹VS君下&大柴!!

果たして軍配はどちらに上がる!?

 

 

■前回

 

■次回

 

■DAYS感想まとめ