読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画感想】ブラッククローバー ページ33 逆境【週刊少年ジャンプ46号】

■ブラッククローバー
ページ33 逆境

f:id:sarapan2014:20150423162747p:plain

団長であるフエゴレオンが敗れた!?

一体何が起きたのか・・・

弟であるレオポルドは叫びながら兄のもとへ駆け寄る!

 

ラデスの他に、空間魔法の使い手・・・!

かなりヤバそうだ。

 

アスタはラデスの呪いのせいで、傷口から血が絶えず流れ出ていた。

一方フエゴレオンに駆け寄ったレオポルドとノエル。

 

右腕を失い、息をしていないように見える・・・

レオポルドは相当動揺している・・・。

 

ノエルは団長が使っていた魔導書がまだ形を成していることに気付いた。

命を失えば魔導書も消える・・・逆に言えば生きているということか!

ノエルは急いで治療を始める!

 

しかし、ミモザほどの治癒魔法を使えないのか、徐々に魔導書が崩れ始めた!

レオポルドに手伝いを求めるが、彼は未だに動揺している!

 

そんなレオポルドに接近し、魔力の塊をぶつけるラデス!

吹き飛ばされ、壁に激突するレオポルド!

空間転移の使い手は他の騎士団が来る前にここから立ち去るつもりのようだ!

 

アスタはこれだけダメージを負いながらも敵を逃がす気はないようだ!

ラデスの足元で空間魔法がすでに発動しかけている!

アスタは全力で走るが、この距離では間に合わなさそうだ!

 

走りながらアスタはどうすればいいのか考えていた!

そこで思いついた方法は魔剣を投げる方法だった!

 

ラデスの足元に刺さったアスタの剣!

すると展開していた空間魔法が消滅した!

 

すぐに追撃を迫るため駆け出すアスタ!

ラデスの頬を斬り付けた!

 

「ぎゃあああああああ!!いてぇぇーー!!何しやがるこのクソがあああ」

 

「人をあれだけ傷つけて・・・何言ってやがる!!!

 これが・・・痛みだ!!!オマエが笑いながら罪の無い人に与えたモノだ!!」

 

アスタはラデスをボコボコ殴る!!

 

「・・・やめろ・・・傷負って血ぃ流すのなんてのは弱者の証なんだよ!!!

 魔力で劣るヤツは魔力で勝る者にいいようにやられてりゃいいんだ・・・

 特にオマエのような魔力の無いクズはなァアアアアア!!!」

 

「それをさせねー為にオレがいる!!!」

 

ラデスに頭突きをかますアスタ!

 

「そして・・・魔力の無いヤツでも最強になれるって・・・

 オレが魔法帝になって証明してやる!!!」

「~~~~~~~・・・・・・」

 

ラデスは空間魔法の使い手ヴァルトスになんとかしろと助けを求める!

ヴァルトスは空間魔法を利用して攻撃をアスタの背後から飛ばす気だ!

それに気付いたノエルはアスタに警告するも、すでに遅かった!

 

すでに攻撃態勢に入るヴァルトス!

しかし、ヴァルトスが攻撃に入る前に、凄まじい炎が襲い掛かった!

レオポルドだ!どうやら迷いは振り切ったようだ!

 

そんな最中、何処からとも無く現れた5人のフードの魔導士!

ノエルもレオポルドも相手が只者でないことを魔力を通して感じている!

 

形勢は逆転されてしまった・・・!

優位になって余裕を見せるラデス!

しかし、アスタはこの状況でも、まだ諦めはしていなかった!

 

自ら呪いを受けた傷口を斬り飛ばすアスタ!

 

「オレはまだ戦えます・・・!!見ていて下さい・・・!!

 ・・・こちとら・・・生まれた時から逆境なんだよ・・・!!

 何人来ようが・・・何が起きようが、全部撥ね除けてやらあ!!!」

 

■前回

 

■次回


 

■ブラッククローバー感想まとめ