読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画感想】刃牙道 第83話「日本刀」 最強と疑わない故に油断する・・・武蔵もだめかもしれんな

■刃牙道
第83話「日本刀」

f:id:sarapan2014:20150824065308p:plain

 「闘いが途中で終わらないと、どっちも無事じゃすまなさそうだが・・・刃牙は傷だらけの武蔵とやるというのか?

 

■前回のレビュー

 

「宮本、図に乗るな」

 

刀を鷲づかみにした勇次郎はそう言い放った。

そして、空いた右手を宮本武蔵の顔面へ突き出した!

 

両の眼を見開いている武蔵、微動だに出来ずッッ!!

勇次郎の放った張り手・・・?は、武蔵の顔面へ衝突!!

 

パァンっと・・・物凄い破裂音が辺りに響き渡り、

武蔵の体は軽く宙を浮いた。

頭は後方へ仰け反るも、勇次郎は刀を握ったままだし、

武蔵も刀を握ったまま故に、体は吹き飛ばないでいた。

 

否ッッ!!

吹き飛ばないかに思えたが、吹き飛ぶ武蔵!

その勢いに釣られて勇次郎の体も宙を浮く!!

 

ここから解るように、凄まじい一撃だったことが伺える!

武蔵、白目剥いて完全にイッてるやないか・・・

 

勇次郎は着地し、勢いを止めた。

武蔵は刀を手放しこそしないが、いまだ意識は無い様子。

 

「噴ッッ」

 

勇次郎は刀を握ったまま、腕を振り(足払いもした!?)、

気絶をする武蔵の体を一回転させて、再び立たせた。

 

ここでようやく武蔵の意識が戻ってきた。

 

「・・・・・・・・あ~~~~・・・・」

 

 

「なんと、打たれた記憶もないままに、彼岸を彷徨っていた」

 

あれは芝居でも何でもなく、本当に気を失ってたのか。

なんか前に刃牙にも気絶させられてたっけか。

 

「これは・・・」

 

武蔵は言う。

現代を生きる拳豪たちに教えられたと。

 

「剣なき時代に生きる故、辿り着く境地」

 

拳は剣にまで行き着く

 

「ただし・・・・それは"武蔵の剣"ではないがな」

 

あくまでも自分の方が上であるという認識は変わらずか。

何かを察したのか勇次郎の口角があがる。

実に楽しそうだ。

 

「放すな強き人・・・・」

 

武蔵の刀を握る両手に力が込められる!

そして体重をかけ、振りぬくつもりか!!

 

「フンッ!!」

 

刀を握られた状態からの振り下ろし!?

勇次郎の体に、その勢い、重みが圧し掛かる!

 

が!

 

「ほぉ」

 

武蔵の振り下ろしすら勇次郎の握りを崩す事は出来ずッッ!!

こんな芸当が出来るのは勇次郎か花山薫位だけではなかろうか?

 

「あっぱれ!!!」

 

武蔵も歓喜する!!

 

なんと今度は何を思ったのか、刀を握る勇次郎を持ち上げ始めた!?

一体どうしようと!?

 

勇次郎一本釣りからの展開が全く予想できない!!

 

このまま天高く掲げて、勇次郎も刀を握りながら倒立でもして

曲芸披露みたいになるのか!?

 

■前回

 

■次回

 

■刃牙道感想まとめ