読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【アニメレビュー】遊戯王デュエルモンスターズ 第40話「キング・オブ・デュエリスト」

アニメレビュー

ペガサスに勝利した遊戯!

しかし当のペガサスは目を離した隙に逃亡!

遊戯たちはペガサスを探し始める!

 

・・・・

・・・

 

一方そのペガサスは、自室に戻り、捕らえた三人の魂を解放した。

約束はちゃんと守るのね!

だが、そこに現れた闇バクラ!

 

ペガサスの未来を占うと言い出す!

デュエルモンスターズのカードで占いとか斬新w

次々とペガサスの内面が暴かれていくなか、バクラに黙れと叫ぶペガサス!

 

お互いの千年アイテムから出る謎ビームw

マインドを使い果たしたペガサスが敗北w

一体なんなんだw

 

バクラの目的は7つの千年アイテムを集めること!

全てが揃うと途轍もないパワーを得られるらしい。

ペガサスのミレニアムアイも奪われてしまう・・・。

 

・・・・・

・・・

 

遊戯たちが部屋に辿り着くと、ペガサスを運ぶ黒服たちと遭遇。

黒服は、ペガサスは何者かにやられたという。

 

とりあえず部屋で手がかりを探す遊戯たち。

そこでペガサスの日記を見つけた。

日記には女性のカードが挟まっていた。

 

部屋に飾ってある肖像画の女性と同じだ。

杏子は英語で書かれた日記を読み始める。

 

女性の名はシンディア。

17歳で亡くなった、ペガサスの恋人だったようだ。

二人の出会いは14年前。

 

結婚する寸前で亡くなったのか(´・ω・`)

気落ちするペガサス・・・

そんな中、古代エジプトでは、現世の人の魂は、

来世へと引き継がれるという話を聞いたペガサス。

 

古代エジプトの術を使えば、シンディアに会えるかもしれない。

その一念でエジプトに飛んだペガサス。

 

そこで一人の少年に出会う。

少年はペガサスに早く立ち去るように言った。

ペガサスは少年に導かれるように後をつけた。

 

そしてある建物の地下で見てはならないものを見てしまったのか、

少年の仲間に羽交い絞めにされるペガサス。

 

彼は千年アイテムの管理者だという。

そしてミレニアムアイを手にして、ペガサスを試すという。

いてええええええええええええええ!!

 

めんたまにねじ込んだぞ・・・。

少年曰く、ミレニアムアイに認められればシンディアに一度だけ会えるというが。

 

結局ミレニアムアイに認められたペガサスは、シンディアと会う事が出来た。

しかしそれも一瞬だけだった。

 

ペガサスはカードを実体化出来る海馬コーポレーションの技術を知り、

シンディアを実体化すべく、会社を手に入れようとしたようだ。

 

 

城之内たちは海馬たち三人を探すべく部屋を出て行く。

遅れて出ようとした遊戯の前に突如現れたエジプトの少年!

 

千年パズルを持つ遊戯がペガサスからミレニアムアイを奪ったと見た少年は、

彼の持つ千年錠で遊戯の心内を見ようとする!

 

 

遊戯の心に入った少年は二つの扉を見つけた。

1つは玩具の散らばる部屋。

もう一つは不気味に閉じられた部屋。

 

少年は不気味な扉を開いた。

そこには闇遊戯が立っていた。

 

重く冷たい・・・まるでエジプトの王家の墓のような部屋。

少年は遊戯に自分が千年アイテムの監視者であり、

ペガサスのミレニアムアイを奪った人間を探していることを告げた。

 

しかし遊戯はいきなり闇のゲームをはじめるww

部屋が突如拡張し、無数の扉が出現!!

 

まさに迷宮!!

間違った扉を開くと罠が発動w

けっこう本気でヤリにきてるw

 

なんとか本当の扉を見定めてあけてく少年。

そしてある扉を開くとそこには遊戯の姿が!

これが正解だったか(´・ω・`)

 

と、思ったら、底がぬけたww

あわや闇に呑まれておわるとこだったが、表遊戯に助けてもらった!

遊戯の投げかけで新たな扉が拓く。

 

そこを進む表遊戯と少年。

壁にはデュエルモンスターの原型となった絵が描かれている。

そして突如現れたブラックマジシャン!!

 

攻撃の意思を示している!

やれればこの空間から出られなくなる!

少年はブルーアイズの石碑からモンスターを召喚しようとするが、

遊戯はそれをやめさせ、ブラックマジシャンを説得する!

 

なんとかブラックマジシャンは攻撃を止めてくれた。

少年はミレニアムアイを盗んだのは遊戯でないことを悟り、謝罪した。

そして何やら遊戯に忠告する。

 

千年パズルを狙う、千年アイテム所有者がいるという。

 

一体・・・

少年はそう言い残し消えて行った。