読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画感想】刃牙道 第93話「煙草」 公園本部やべぇ・・・

■刃牙道
第93話「煙草」

f:id:sarapan2014:20150813083126p:plain

 「本部がちょっとかっけぇww

これが実戦屋というヤツか・・・。

 

■前回のレビュー

 

「近頃はな、愛煙家も肩身が狭い」

 

おもむろに口元の煙草を無造作に放る本部。

つまんで、落としたという表現が正しいだろうか。

 

次の瞬間!!

本部は、その落とした煙草を、右手で弾いた!!

勢いよくジャック目掛けて飛んで行く煙草!!

 

これは恐ろしい技術である。

落下する煙草を普通に打ち払っただけでは、煙草は回転する。

しかし、本部の打った煙草は、回転せず、

火のついた面を正面に真っ直ぐジャックの顔面目掛けて飛んで行く!!

 

実戦で使うにあたり、避けられる可能性はもちろんあるだろうが、

回避に至るまで・・・

つまり、煙草を弾き、正確に顔面へ飛ばす課程までは100%の自信がなければ

実戦で使わないだろう。

 

こいつはやべぇ・・・!!

 

しかも一瞬の出来事。

これにはジャックといえど反応できない!

煙草はジャックの左目へ一直線に飛んで行く!!

 

もう恐ろしい!

正確に弾く技術、相手の身長や目の位置を計算に入れたピンポイントの攻撃・・・

これは想像以上に難度は高いと思われる!

 

煙草はジャックの左目に直撃!

ジャックが手で目をこすると同時に本部は跳んだ。

 

そして、あろうことか、2m43cmのジャックの顔面目掛けて

ドロップキックッ!!

 

メキャッ!!

見事に顔面を捉え、ジャックを仰け反らせる!!

 

やや屈んでいたとはいえ、その打点は2m・・・

2mの跳躍・・・本部以蔵とはここまでの身体能力を持っていたのか。

 

とはいえ、このドロップキックに関しては、ノーダメージのようだ。

むしろ、先に放った煙草のダメージの方が大きいようで、

左目の視力は一時的とはいえ、奪われてしまったようだ。

 

火のついた煙草が直撃したのだ。

いかにジャックといえど、堪えぬはずはない。

 

「視力ハ効カヌガ・・・ソウイウ闘イダ」

 

着火した煙草の急襲。

奇襲に乗じた跳び蹴り・・・・

 

競技ではない!

 

ジャックは現在起きている事態を一瞬で骨身に染みさせた。

 

 

ハズだった。

 

 

 

上着を脱ぎ始めたジャックに対し、間髪入れず動き出す老体!!

 

ジャックに向かい真正面から突っ込んでいく本部!

そして背中に仕込んだ木刀を抜くと、上着を脱ごうとしているジャックの

両上腕をそれぞれ一打ずつ攻撃!

 

さらに本部の攻撃は続く!

両腕に続き、右足のスネ辺りを抉るように打つ!!

 

「グガッッ!!」

 

思わず悲鳴を上げるジャック!!

知っているのだろう。

どこをつけば痛いのか。

 

本部は熟知しているッッ!!

悶絶するジャックに対し、攻撃の手を緩めることのない本部!

次は左脚のスネッ!!

 

「ア゛アア~~~!!」

 

声にならない叫び声を上げるジャック!!

両足を攻められ、思わず両膝を地面につくジャック!!

 

「お~~~~・・・・」

 

本部の余裕綽々の表情・・・

 

「これでもまだデカイのだな」

 

両膝をついたジャックと普通に直立する本部。

それでもジャックがほんの少し本部より頭が高い。

 

本部の身長は公式にアナウンスはされていないのか

調べても明確なものは出てこなかったが165~170前後くらいだろうか。

 

同じ高さで両者の視線があった瞬間!

ジャックはすぐさま立とうとするが、それより早く

本部が木刀による一撃をジャックの脳天に打ち込んだ!!

 

メキャッ

 

考えてほしい。

これがもし木刀ではなく、真剣だったら・・・

 

てか・・・木刀めりこんどる(((( ;゚д゚)))

ジャックの額からは血が滴り落ちる・・・。

 

ドチャッ!

 

ジャックはそのまま、膝をついたままの姿勢で前のめりに崩れこんだ。

 

「ん~~~~~~~・・・・」

 

本部は木刀を背にしまいながら腑に落ちない表情。

 

「アホウ。木刀でこと切れるタマか」

 

ニィ~~~!

倒れたまま不適な笑みを浮かべるジャックw

 

そして、ここからジャックのパフォーマンス!

顔面を地面につけたまま上体を起こすジャック。

ついていた膝を伸ばし、地面との接点は顔面と両つま先の三点。

 

ここで両つま先を地面から離し、なんと顔面で倒立!!

言っておくが手は一切地面に触れてはいない。

ジャックの身体能力の高さが伺える。

 

そして顔面倒立からの一回転で地面に着地した。

 

「武器ヲ取ラセテ対等。間違ッテイナカッタ」

 

上着を背筋で破るジャックッ!!

いよいよ本気でやる気か!!

 

■前回

 

■次回

 

■刃牙道感想まとめ