読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画レビュー】僕のヒーローアカデミア No.53 轟から飯田へ 前編【週刊少年ジャンプ36号】

漫画レビュー 週刊少年ジャンプレビュー

■僕のヒーローアカデミア
No.53 轟から飯田へ

f:id:sarapan2014:20150423164317p:plain

「次から次へと・・・・ハァ・・・・(そろそろどいつかが時間かな)」

 

ステインの前に現れた轟!

最強の救援だ!

 

しかし、出久が轟を呼びつけたと思ったが、

出久自身、轟の登場に驚いている。

 

「何で君が・・・!?それに・・・左・・・!!」

 

轟はあんなに毛嫌いしていた父・エンデヴァーの個性である炎を

躊躇なく使っている!

 

「何でって・・・こっちの台詞だ。

 数秒、"意味"を考えたよ。一括送信で位置情報だけ送ってきたから」

 

どうやら出久は誰か特定の人間に救援を出したわけではなく、

アドレス帳に載っていた仲間全員に連絡を出したって事か。

 

轟は出久が意味なくそんなことをする奴じゃないと察し、

"ピンチだから応援呼べ"と解釈し、ここに現れたという。

 

もちろんすでにプロにも連絡済!

あと数分もすれば救援に駆けつけてくれるだろう。

 

轟は氷と炎の個性を上手く使い、地べたで動けなくなってるノーマルヒーローと

出久の体を自らの背後へ移動させた!

もともと轟の側には飯田がはいつくばっていたので、

これで一応、救うべき人間たちを一箇所に集める事が出来た!

 

「轟くん!そいつに血ィ見せちゃ駄目だ!

 多分、血の経口摂取で相手の自由を奪う!皆やられた!」

 

「それで刃物か。俺なら距離保ったまま・・・」

 

シュッ!!

 

距離保ったまま遠距離で戦える?

そんな考えは甘かった。

 

ステインは咄嗟にナイフを投げつけた!

轟はそれを紙一重でかわすも、その一瞬の隙をステインは見逃さない!

一気に距離をつめ、近接攻撃にもっていくステイン!

 

しかも先程の投げナイフ・・・僅かに顔をかすっていた!

血が出ている!頬から!

 

轟はステインの斬撃を氷でガード!

一瞬視線を上に向けるステイン!

釣られて上を見上げる轟!

 

上空には刀が回転して落下していた!

このままでは轟に当たってしまう!

 

どうやらナイフを投げると同時に、刀も投げていたようだ!

 

しかしステインにとって、この刀もフェイク!!

狙いは傷口を舐めること!!

轟の服を掴み、自身の元に引き寄せ、顔の傷口に舌を伸ばすステイン!

 

あわやという所で、炎をたぎらせ、ステインとの距離をとる轟!

 

 

 

「っぶねぇ」

 

一つ一つの動きが二択三択を迫ってくる!

強ぇ!!

 

「何故・・・2人とも・・・何故だ・・・やめてくれよ・・・

 兄さんの名を継いだんだ・・・僕がやらなきゃ・・・

 そいつは僕が・・・・!」

 

「継いだのか、おかしいな・・・」

 

轟は迫り来るステインを巨大な氷で攻め立てる!

しかし、攻撃は当たらない!

 

「俺が見たことあるインゲニウムはそんな顔じゃなかったけどな。

 おまえん家も裏じゃ色々あるんだな」

「轟くん・・・・・・!?」

 

地面を這い蹲る出久に異変が!?

 

轟が放った巨大な氷のバリケード!

しかし、それをいとも簡単に切り刻むステイン!

 

「己より素早い相手に対し、自ら視界を遮る・・・愚作だ」

「そりゃどうかな!」

 

そうくる事は分かっていた轟!

すでに炎を放つ構えをとっている!

 

「!?」

 

予想外だった遠距離からのナイフ攻撃!!

二本のナイフが轟の左腕に突き刺さる!

 

そして上空に飛び跳ねたステインは刀を構えて落下してくる!

 

「おまえも良い・・・」

「上・・・」

 

するとその時だった!

落下してくるステインに対し、壁蹴りを利用し上に跳ぶ出久!

そのままステインの服を掴んで轟たちから引き離す!

 

「緑谷!」

「なんか普通に動けるようになった!!」

 

「時間制限か」

「いや・・・あの子が一番後にやられたハズ!」

 

とノーマルヒーローが答えた。

時間制限であるならば、一番最初にやられた、このノーマルヒーローが先に

動けるようになっているはず。

だが、ノーマルヒーローはいまだに動けずに居た!

時間制限とは別の何かが条件にあるようだ。

 

「(こいつ・・・Oか)」

 

ステインは咄嗟に肘鉄を出久の腹にお見舞い!

なんとか自由を取り戻した!

 

すかさず氷でステインに攻撃!

その隙に出久を下がらせた!

 

「血を摂り入れて動きを奪う・・・僕だけ先に解けたってことは」

「考えられるのは3パターン。

 人数が多くなる程効果が薄くなるか、摂取量か・・・

 血液型によって効果に差異が生じるか・・・」

 

ノーマルヒーローはB型

飯田くんはA型。

出久はO型か。

 

「血液型・・・ハァ。正解だ」

 

"個性"「凝血」

血を舐める事で相手の身体の自由を最大8分間奪う!

B>AB>A>Oの順で奪える時間は少ない!

ちなみにステインはB型らしい。

 

後編へ続く!

 

■前回

 

■次回

 

■僕のヒーローアカデミア感想まとめ