読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画レビュー】カガミガミ FILE25 闇の烏【週刊少年ジャンプ36号】

漫画レビュー 週刊少年ジャンプレビュー

■カガミガミ
FILE25 闇の烏

f:id:sarapan2014:20150421094207p:plain

 「俺の憑代は・・・烏丸家代々守護する『八咫烏』の羽根ペン・・・!

 その先から滴り溢れ出る漆黒の血(インク)から

 闇の守護者達が生み出される・・・!!」

 

「本気になったね・・・」と獅土が呟く。

 

烏丸のプレッシャーに恭介も冷や汗を流す。

 

「さぁ、闘ろか」

 

八咫闇陣!

羽根ペンが描いた線から無数の烏が這い出てきた!

 

「焚きつけたんはキミやで、嘉神クン」

「!!」

 

来た・・・!!

これが"烏丸の八咫闇陣"

 

開斗は初めてみるわけではなさそうな物言い。

 

「ヒヒッ!面白いモンが見れますねェ」と笑う比良坂。

どうやら皆、烏丸の力を知っているようだ。

 

八咫闇陣に嘉神恭介の式神憑依・・・!!

果たしてどちらが上なのか・・・

 

 

「行ってき」

 

烏丸がそういうと、カラス達は恭介目掛けて飛んでいった!

 

「ヘッ・・・!」

 

『気を付けろよ恭介・・・!!

 烏丸家の八咫烏の闇の力は厄介だ・・・

 闇雲に攻めずに相手の隙を突く方法を・・・』

 

「関係無ぇ・・・!!一撃決めればこっちの勝ちだ!!

 そうだろう、羅生丸、慚愧丸」

 

いきなり二体同時の式神召喚をしてみせる恭介!

 

開斗は心配そうに見つめている。

 

「・・・・」

琉伽は黙って笑みを浮かべている。

 

 

 

 

「やってやろーぜ」

「グル!!」

「おう恭介!!」

 

三人を目掛けて飛んでくるカラス!

しかし、このカラスは液体で出来ているようで、

何かにぶつかると、バチャッと黒い液体が広がる!

 

気付けば、足場は真っ黒に・・・!

 

「何だ!足場が・・・!!黒い領域に飲み込まれていく・・・!?」

 

 

烏丸は再び空間に羽根ペンで線を引き、カラスを生み出す!

 

「気ィつけや嘉神クン・・・!

 キミらの拳、俺んとこまで届くかな?」

 

「へっ!こんなもんで・・・!!」

「ムッ!!!その程度の攻撃、我には効かぬぞ」

 

慚愧丸は慚障壁を使い、襲い来るカラスを防ごうとする!

 

バチャバチャ!!

 

「・・・ヌ?オイちょっ・・・

 ぬわーッ!コラもうやめろ!暗くて何も見えん!!」

 

慚愧丸の慚障壁は自身を球体の防御壁で守る技!

それゆえに、そこにカラスがぶつかると視界が遮られてしまうのだ!

 

そして、ついには慚愧丸が障壁を張ったまま、闇に飲み込まれていく!!

 

「慚愧丸!!」

 

一方、羅生丸は、自らカラスを殴りに行く!

カラスはもろく、一発殴りつければ、破裂してしまう!

 

しかし、攻撃すれば攻撃するほど手足は闇が付着していく!

 

「羅生丸!!」

 

ついには羅生丸まで闇に全身を飲まれていく!

 

 

八咫の闇は強固な檻。

終わりや。もう俺が解除するまで抜け出せへん・・・

 

恭介は闇に飲まれ行く羅生丸の腕を掴んだ!

 

「上がって来い!!羅生丸ッッ」

 

なんと、羅生丸を闇の中から引き上げた!

そして、そのまま腕を掴んだまま、羅生丸を振り回す!

 

「オラァァ!行ッッけェェ!!」

 

恭介は羅生丸を烏丸目掛けて放り投げた!

 

「はっ!まったく・・・」

 

烏丸自身を闇が包んだ!!

 

 

もったいないヤツや。

それだけの力がありながら、アホが付く程真っ直ぐやな。

 

羅生丸は闇に包まれた烏丸を殴りつけた!

しかし、闇の球体の中からは烏丸の姿はなかった!

 

 

「!!」

 

なんと、烏丸は闇の中を移動し、恭介の背後に飛び出し、

闇のなかに引きずり込んだ!

 

闇の中は水の中の様なもののようだ。

 

「さっきは引きずり出す側やったから何とかなったかもしれへんが・・・

 自分がこれに完全に浸かった状態で俺の絞めも加わると

 中々厳しいやろ・・・・どや?降参するか」

 

「・・・・しない・・・!!」

 

「どうしても?」

「しない!!」

 

「そんなに勝ち上がりたいんか?」

「大切な親友を侮辱されたんです・・・それに・・・

 弱い自分は・・・嫌いです・・・!!」

 

意識が遠のいていく恭介・・・

 

・・・・

・・・

 

「!?」

 

目覚めるとそこはリングの外だった。

 

「烏丸さんが降参した・・・だから2回戦に進むのは恭介だ」

そばに居た開斗が教えてくれた。

それを聞いた恭介が駆け出した!

 

「烏丸さん!何で・・・!!」

「弱い自分が好きやからや。

 つーのはまぁ半分冗談で・・・キミのこれから先が見たくなった。

 そんなとこや。でも嘉神クン、キミこのままじゃ狗星にも辿り着けへんで。

 ちょっと俺についてくるか。ええこと教えたるわ」

 

烏丸の言う、"ええこと"とは一体!?

 

■前回

 

■次回

 

■カガミガミ感想まとめ