読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【ドラマレビュー】HEAT(ヒート) 第6話 感想

■HEAT(ヒート) 第6話

f:id:sarapan2014:20150423095635p:plain

幸多市の再開発は順調に進んでいる様子だ。

地権者の組合も設立し、参加率は55%だという。

なんとか100%を目指すと社長に報告するタツヤ。

 

そんな社長からは消防団はどうなったかと聞かれ、

続ける事にしたと答えるタツヤ。

仕事に差し支えないようにしますというが、

社長は仕事のために消防団に入ったのでしょう?

これからも存分に消防団を利用しなさいと、いやらしい事をいう。

 

 

事務所に戻るとタツヤの部下、榊は地権者の説得に苦労していた。

菅井さんというらしい。

組合には参加しないわ、再開発にも反対だわでかなり手を焼いてるようだ。

 

建設予定地に菅井さんの家が入ってるため、どうしても外せないという。

今度はタツヤも同行し、説得を試みると言う。

 

 

しかし、実際に話をしに行ったところ、榊の言うとおり、

全く話を聞いてもらえない。

これは説得に時間がかかりそうだ。

 

一方、鳴海さんは営業の仕事を、

松山くんは面接をそれぞれ頑張っている様子だ。

 

しかし、その頑張りはどうやら報われないでいるようだ。

松山君は面接で消防団アピールをするも、

ゲーム会社の面接に特に必要なスキルはない・・・。

 

その後、お祈りメールが返ってくる始末だ。

やさぐれるも、なんとか気合いを入れる松山君。

 

そんな時、営業車に乗り込む鳴海さんを見かけた。

どうやら上司に怒られているところのようだ。

ペコペコ頭を下げる鳴海さんの様子を見て、顔色が変わる松山君。

 

 

消防団の詰所では皆集まって今度の消防署との合同訓練の話で盛り上がっていた。

しかし、一人浮かない顔の松山。

就活がうまくいかないストレスからか、相当荒れている。

 

一生就職できないかもという松山に鳴海さんは自分でも就職できたんだから

大丈夫だというが、松山は大手に入りたいんだといい、鳴海さんを馬鹿にする発言!

みんなからは謝った方がいいんじゃない?と言われるが、

そそくさと出て行ってしまう。

 

タツヤは止めようとするが、当の鳴海さんが、いいからいいからと、

皆を落ち着かせた。

 

この人ほんと人がよさそうなのに営業だめなのか、、、

 

 

その夜松山は学校の友達とヤケ酒。

消防団が就活で有利になるなんてのはただの噂でしかなかったのか。

実益を伴わず、いらだちばかりが募っていく。

 

一方タツヤの事務所では榊がボヤいていた。

菅井さんに相当手こずってるようだ。

 

濱田は違ったアプローチをしたほうがいいんじゃないかというが、

タツヤはあくまでも正面から説得を続けるようだ。

 

どうもこの濱田・・・怪しいんだよなぁ。

 

・・・・

・・・

 

消防署との合同訓練の日がやってきた。

そこに遅刻してやってくる松山。

明らかに覇気がない!

 

 

挨拶が終わってからも、訓練そっちのけで、ぼーっとする松山。

見かねた等々力が「真面目にやろうぜ」と声をかけた。

 

こんなことやってても面接が受かるわけでもないといい、

帰ろうとする松山。

 

それを引き留める等々力。

 

松山は就活に有利だから消防団をやっていたのに全然有利じゃないと漏らす、

これに怒ったのは等々力!

まぁ怒るのも無理はない!

 

二人が揉めあいになる中、鳴海さんが仲裁に入る!

しかし二人の若者に押し飛ばされる鳴海さん!

腕を痛めてしまう!

 

この事態を収拾しようと仲間たちも松山と等々力を引き離そうとするが、

ヒートアップしてて、なかなか収まらない!

そんな時に隊長の合田が一喝!

 

流石にこれには二人も大人しくなったw

 

 

事態が収拾したのち合田はタツヤにさっきのアレについて事情を求める。

タツヤは松山の就活の話を説明。

合田に謝罪した。

 

素直なタツヤの態度に本当に変わったなと実感する合田。

タツヤになぜ今の会社を選んだのかと聞く。

タツヤは成果さえあげれば、どんどん上がれるのが気に入ったからと答えた。

今度はタツヤが合田に同じ質問をする。

 

すると思いもよらない答えが返ってきたw

「合コンでモテるからだ」

 

もちろん冗談だったが、こんな冗談も言える仲になったんだなぁ。

なんかめっちゃほほえましくなってきた。

 

合田はタツヤに変わったなと伝えて去って行った。

確かに以前のタツヤならこんな揉め事関わり合いになろうとは思わなかったはずだ。

 

 

一方消防団の詰所では、等々力と松山が咲良に説教されていた。

等々力は反省している様子だが、松山はまだふくれている。

そして、就活に専念するためにしばらく消防団を休むという。

 

咲良もこれを了承。

就活頑張って!と応援する。

 

松山が去り際、等々力が声をかけた。

「消防団に入ったの、就活のためだけじゃないよな?」

 

しかし何も応えず去っていく松山。

 

 

 

一方鳴海さんも会社で怒られていた。

営業成績は最悪、その上、手までケガしちゃって。

今月もノルマクリアできないと・・・わかるね?

と、社長からは暗にリストラ勧告をされてしまう・・・。

 

それを聞いていた鳴海さんの直属の上司は

鳴海さんのために、1つ案件を譲ってくれることに!

15時にアポがとってある。絶対に遅れないようにと釘をさされる鳴海さん。

 

いい上司じゃないか!

 

 

一方松山のほうは説明会に来ていた。

いかにもベンチャー企業の社長みたいな男がパフォーマンスをする。

 

この社長の考え方はあくまでもチームワークよりも

突出した個を求めているような口ぶり。

 

それに同調する就活生たち。

 

その後、グループ面接を行い、そこで面接官に聞かれたことは、

沈みかけのボートに3人が乗り合わせ、そこに救命具が二つある。

さてどうするかという質問だ。

 

面接を受けていたいかにもマジメそうなメガネは

救命具を譲ると答えた。

しかし松山は、これに譲らないと答えた。

他人の事を気にかけていては生き残れないというのだ。

 

消防団員とは思えないセリフに面接官も面を喰らうが、

消防団は辞めると言い放つ松山!

なんかしらんが好印象だw

 

 

一方、営業先に向かう鳴海さん。

タイミングが悪い事に目の前でなにかトラブル発生か・・・。

これは間に合わないフラグだなぁ。

 

その頃タツヤは菅井さんに会いに行っていた。

しかし姿も見えない。

 

タツヤはエリに電話する。

エリは電話が来たことに気づくも、相手がタツヤと知って無視をする!

女の嫉妬やべええw

 

 

・・・・

・・

 

喫茶店。

恭子がいつものように主婦仲間とだべってると、

そこに鳴海さんと上司の姿があった。

 

どうやら営業先には間に合わなかったようだ。

その件で怒られている。

上司はもう面倒見きれないと宣言・・・

 

そんな一部始終をみていた恭子は

リストラ話を仲間たちに言いふらす!

 

・・・・・

・・・

 

その夜、濱田は榊に先に帰れといい、事務所に一人残って

なにやら電話をかけていた!どうみても怪しい!

 

一方詰所に現れた松山。

荷物を取りに来たという。

 

ちょうど咲良だけしかいなかったのを幸いに消防団を辞めると伝えた。

どうやら最終面接まで進んだようだ。

 

咲良は鳴海さんがリストラされそうなことを伝えるが、

自業自得でしょ!と一蹴!

マジでどうしちゃったんだ松山!

 

その鳴海さんは誰もいない会社で暗闇の中、退職願を見つめていた(´・ω・`)

自主退社するつもりなのか

 

 

翌朝・・・・

再び菅井さんの家にいくタツヤ。

今日は姿が見れた!

門が閉まってるにも関わらず勝手に開けて入っていくタツヤ。

 

しかし菅井さんは聞く耳を持ってくれない。

それどころか大事に育てている花を踏みつけて怒られてしまう!

そんな時現れたのは鳴海さんだった。

 

どうやら菅井さんとは顔見知りの様子。

怒る菅井さんにタツヤを紹介する鳴海さん。

 

相手が消防団員で、かつ鳴海さんの知り合いという事で、怒りは収まった。

 

・・・・

・・

 

タツヤは鳴海さんにコーヒーをごちそうし、お礼を言った。

どうやら菅井さんは営業で物を買ってもらった相手だという。

 

菅井さんは何年もかけて一人であの花を育てているという。

相当な愛着を持ってるがゆえに、立ち退きも拒否しているのかもしれない。

鳴海さんはパイプ役を買って出てくれるという。

ほんといい人。

 

菅井さんのところにいったのも以前買って頂いたもののメンテナンスだという。

金にならない仕事をするなと上司には怒られているようだが、

売って終わりじゃさびしいという。

 

買ってもらったお客様にずっと笑顔でいてもらうために

ずっと仕事は続いていくと語る。

 

しかしそれももうできなくなるという鳴海さん。

そこでタツヤは初めて鳴海さんが会社を辞めることを知る。

 

会社を辞めるともなれば、生活のために仕事を探さなければならなくなる。

そうなれば、消防団に割く時間もなくなる。

つまり辞めなければならない・・・。

 

一方松山は仲間たちと祝杯をあげていた。

まだ最終面接に残っただけだというのに、もう決まったも同然という事か。

勝ち組勝ち組って・・・・

 

・・・・・・

・・・

 

翌日・・・

 

等々力の謎のキャラ弁ww

まさか自分で作ってるのか!?

 

そんな中、同僚から新聞に名もなき消防団員の記事を見つけたと知らされる。

記事を読んだ等々力はピンときた!

これはもしや、鳴海さんのことでは!?

 

等々力は新聞を持って、石沢さんの店に記事を持っていく。

記事の内容によれば26日、突如倒れた人の手当に努めたサラリーマン風の

男性がいたという。

その男性は手に包帯を巻いており、名も名乗らず、

ただ消防団員ということだけ伝えたという。

 

記事は恭子さんや咲良にも伝えられ、最期にタツヤにも伝えられた。

この記事が鳴海さんのことだと証明されれば、

鳴海さんのリストラもなくなるかもしれない。

 

仲間たちは証人を探し始める!

 

 

その夜・・・

タツヤはショッピングモールの建設予定図を見つめ、何やら始めた。

一方濱田はまた怪しい動きをはじめる・・・

 

社長もまた、何処かと連絡をとっていた。

そして、誰かに唐突に語り始める。

 

「犬をしつけるコツをしっていますか?

 まずは自由にさせるのです。そして自由を満喫し、

 最高に高揚したところで、ギュッとたずなを引くんです。

 そうすると、自分には首輪がついていた事を思い知るんです」

 

なんと社長はエリに話をしていた!

この女どこにでも尻尾をふるなぁ。。

 

 

・・・

 

一方タツヤは徹夜で資料の作り直しをしていた。

そこに出社してくる濱田。

入れ替わりに出て行くタツヤ。

 

濱田はタツヤのノートPCを覘き、改善した資料を見て鼻で笑った。

 

 

その頃消防団の仲間たちは、鳴海さんの会社に押しかけ、

リストラを撤回するように頼んでいた。

どうやらあの記事が鳴海さんだということが証明できたようだ。

 

一生懸命に頭を下げ頼み込む消防団にたじろぐ社長さん。

 

 

一方、タツヤは菅井さんの説得にあたっていた。

徹夜して作成した資料が役に立つのだろうか?

 

タツヤは今後できるショッピングモールに広大な公園を作ろうとしていることを話す。

そこに菅井さんの育てた花を移植させてくれないかと頼む。

幸多市の未来のために力を貸してほしいと熱弁をふるう。

 

道の段差を減らせばお年寄りの移動は楽になる。

道路を広くし見通しをよくすれば交通の面だけでなく、防犯の面でも効果が上がる。

商店街の人たちも、モールの中に移転してもらい、もっと活性化してもらえればと

タツヤは語る。

 

幸多市は良い街だが、もっともっといい街になる可能性を秘めていると

タツヤは言う。

 

すると菅井さんの気持ちに変化が!

絶対に良い街にすることを条件に再開発に協力するという。

 

タツヤは約束するといい、頭を下げた。

結局徹夜で作った資料は活躍せずに話がまとまった。

 

一方鳴海さんのリストラもなくなり、団にも残れることに!

その後、タツヤは松山に会いに行く。

 

タツヤは会社の大小だけでは人生は決まらないと言い聞かせる。

自分の心に正直に生きろ・・・タツヤのこの言葉は松山には届くのか・・・

そして最後に鳴海さんが大事な商談に遅れて行ったのは、

急病人を助けていた事を教える。

 

「そういう生き方もあるんだよ。最終面接頑張れよ」

 

と、言い残し、タツヤは去って行った。

 

 

そして最終面接に臨む松山!

学生生活中に一番熱中したことはと聞かれる松山は

消防団だと答える。

 

最初は就職活動に有利だというから始めた活動だったが

いつしか、その思いは変わり、地域の皆の安全のために

仲間と一緒にした活動はかけがえのないものになったと語る。

 

社長の顔色が変わる。

学生時代はそれでいいかもしれないが、社会人にもなってそんなことをしていれば

他に遅れを取るというのだ。

 

しかし、松山は就職しても団の活動を辞めるつもりはないという。

これに激怒する社長!

松山を負け犬と言い放つ!

 

すると松山は消防団活動を理解できない御社のほうが負け犬なのでは?と言い返すw

言い方www負け犬の言い方ww

鼻で笑いを織り交ぜながら喋るのすげぇな((((;゜Д゜)))

 

緊急招集ですので失礼しますと面接をあとにする松山w

 

「まだ面接は終わってない!!!」

 

怒鳴る社長に御社に防災上、重大な欠陥があることにお気づきですか?

とはじめ、誘導灯の電球が切れていた事や、非常口の荷物をどうにかしないと

火事が起きたらみんなしんじゃいますよwといい、

お祈りメールの内容を会社につきつけ、会社をあとにした。

 

 

その後団に戻った松山は、鳴海さんに謝罪、就活も自分が本当にやりたいことを

一から探しますと言う。

 

ようやくこれで元通りの団に戻った!

 

 

しかしタツヤの会社では・・・

新しいプランを社長に見せるタツヤ・・・

前よりもよりよくなったと自信を見せるが、

なんと社長は提案書を笑顔で破り捨てた!!

 

唖然とするタツヤを笑う社長!!

一体どういうことなのか・・・

 

 

■感想

いやはや・・・消防団や幸多市との関係がよくなる一方で

会社ではタツヤの立場を揺るがす動きが目立ってきたなぁ。

なんか濱田の動きが気になるなぁ。 

 

 

■HEAT(ヒート) 人物紹介

▼クローバー都市開発

・池上タツヤ/AKIRA

 熱い男だが、仕事バカな印象。

 今のところあまり魅力的な男じゃないw

 

・濱田直紀/田中圭

 タツヤの同僚でライバル。

 

・榊明弘/井出卓也

 タツヤの部下。消防団をバカにする場面も。

 今のところタツヤを尊敬してるけど、濱田に寝返りそうwww

 

・日比野仁/稲垣吾朗

 クローバーの社長。濱田とタツヤを競わせてる。

 「リスクがないところに利益はない」とのことw

 

▼経営コンサルタント

・結城エリ/菜々緒

 タツヤのビジネスパートナー?スポーツジムに一緒に行ったり

 食事したり、なんだかそれ以上の関係がしないでもない。

 

▼幸多市消防団第十一分団

・安住咲良/栗山千明

 消防団の分団長。

 普段は、よこかわ幼稚園に勤務。

 知らない間にやたらカイデーに成長。

 見所の一つである。

 

・石沢聡/菅原大吉

 おっちゃんw普段は靴屋で働いてたっけ。

 

・神戸恭子/堀内敬子

 ドラマ出ずっぱり!前期で火をつけようとする役柄から一変w

 今度は火消し役にwww

 

・鳴海雅彦/正名僕蔵

 おっちゃんw普段はサラリーマンかなw

 

・松山航平/吉沢亮

 仮面ライダーメテオw

 就活大学生w

 

・等々力修一/鈴木伸之

 ルーズヴェルト・ゲームの如月ww

 まさかのライバルチームの沖原と競演になるとはw

 ルーズヴェルト・ゲームでは沖原役の工藤阿須加をいじめてたけど、

 今作では工藤のほうが立場上っぽいよなw

 

▼幸多消防署

・合田篤志/佐藤隆太

 消防士の隊長。

 熱い男w子供が咲良の勤める幼稚園に通ってる。

 

・白石徹/工藤阿須加

 隊長を尊敬してやまない男w

 池上を目の仇にしてるw

 ルーズヴェルト・ゲームの沖原www

 ライバルの如月と競演ww

 

▼よこかわ幼稚園

・度会いずみ/小芝風花

 幼稚園の教諭補助。かわいい。

 

■前回

 

■次回

 

■HEAT(ヒート)感想まとめ