読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画感想】弱虫ペダル RIDE.372 正しい判断 今泉大丈夫なのか・・・

週刊少年チャンピオンレビュー 漫画レビュー

■弱虫ペダル
RIDE.372 正しい判断

f:id:sarapan2014:20150423113159p:plain

「逆にこの状況をひっくり返せるなら

 見てみたいよ!その奇跡を!」

 

■前回のレビュー

 

「"来とる"!?」

 

御堂筋の不気味な笑顔・・・

鳴子は後続の京伏のメンバーが来ていると聞かされる。

 

「そやね。せやから言うたやろ。言いよったやろボクゥが。

 こんなにィ、キミたちの状況が悪くなる前にィ。親切に」

 

鳴子は思わず後ろを振り返った。

信じたくは無かった。京伏メンバー全員が来てるという現実を!

 

・・・・・・

・・・・

 

時は少し遡る。

トップを行く鳴子・今泉・御堂筋・葦木場の4名。

この時に御堂筋は今泉に助言をはじめた。

 

「あれ?あれ!?行かんの?前ェ!あれ!?あれ!?

 せっかくチームのエース格2人おるのに?とびださんの?2人でブワーって」

 

無視される御堂筋ww

てか顔www

 

「イズミくぅん何で動かんの!?こっちは1人ずつやよ!?あれ!?

 総北2人で逃げきるチャンスやよ!?」

 

「・・・」

 

「チャンプク?ボクゥらを置いていくチャンス・・・

 ピヨピヨ。ピヨい?もしかして・・・プッ

 2年になったのにまだピヨいの?ピヨ泉クンなん?」

 

今泉は笑顔で振り返り、そんな陽動作戦には乗らないと。

こちらにも作戦があるのだと、御堂筋をまるでに相手にしなかった。

 

「よう・・・どう・・・?プア?ボクゥがヨウドウ?ちがうし!!

顔www

 

・・・・

・・・・・・・・

 

そして現在。

 

「ひとつだけ残念なのはァ、がんばりすぎたあの顔を見れんことやね。

 ピヨ泉くんのォ、目見開いて口あけて、鳩が豆鉄砲くらったカオいうの?

 ボクのザクに追い抜かされて、なす術なく『う』とか『な』とか

 言葉にならん声あげて、ポッキリ心折れて絶望するポキ泉くぅんのカオを!!

 

 

一方、鳴子たちの後方を走る坂道と今泉はようやく手嶋と合流した。

しかし、手嶋は、かなり消耗しているようで5秒間休ませて欲しいという。

 

焦る心を落ち着かせる今泉。

何度も自分の心に”大丈夫だ”と投げかける。

 

金城の「総北は支えあうチームだ」という言葉を信じ、

今回も仲間の合流を待った。

 

しかし、金城のもう一つの言葉「本質はおまえの中にしかない」という言葉が

今泉の中で引っかかっていた。

自分で導き出した、合流を待つという判断は、本当に自分の答えだったのか?

 

『自分と向き合え。

 現状を知り、打破する方法を考え試せ。

 他人をマネても答えは出ない』

 

迷うなと言い聞かせる今泉!

 

「今泉くん!!」

 

後ろを走る坂道の声に我に返る今泉。

 

「ペース上げすぎだよ!て、手嶋さんがついてけてない・・・!!」

「すまない!」

 

やはりかなりの焦りが見える今泉。

元来他人のペースに合わせるのが苦手な今泉・・・リーダーには向いていない・・・。

などと、インハイの真っ只中で考え出す今泉。

 

とにかく今は先を行くハコガクを追うことに集中せねば・・・!

 

しかし、後ろを振り返った今泉に、衝撃が走った。

 

・・・・・

・・・

 

2年生になってから一度も思いきり走れてない気がするんだ。

 

下が入ってきたことでやる事が増え、1人での練習も満足に出来ていない様子だ。

 

「今年は何かずっと、ここらへんに制限がかかってる感じがすんだ」

 

太ももを叩いて語る今泉・・・

記録は伸びているにも関わらず感じる違和感・・・。

 

・・・・

・・・・・・

 

って・・・何こんな時、訳わかんないこと思い出してんだオレは・・・

 

俺の目に映ってる、あの紫色のジャージは・・・

上がってきてるあいつらは・・・

 

御堂筋はさっき、単に鳴子を追って出ただけじゃなかったのか。

合流する算段があって・・・

 

『何で動かんの!?2人で逃げるチャンスやよ!?』

 

チャンス・・・オレはそれをみすみす捨てたのか・・・

オレの判断で・・・オレの・・・!!

 

「う・・・な・・・」

 

京都伏見だ!

先頭は小鞠・・・!

御堂筋を除くフルメンバーだ!

 

アッサリ追い抜かれる総北3人!!

 

「く!!小野田加速だ!手嶋さん!!京伏のケツにつく!!

 こいつらのケツにのれば、先頭のハコガクまで追いつけ・・・!!」

 

後ろを振り返ると、まだ後方でもたつく坂道と手嶋!

 

「早く回復してくれよ手嶋さん!!あんたクライマーだろ!!」

 

思わず声を荒げる今泉。

 

「すまねぇ・・・」

 

ちがう

 

ちがう

 

手嶋さんじゃない・・・

 

間違ったのは、オレの判断・・・

 

ポキッ

 

何の音だ・・・ 

 

 

ポキ泉ィ!!

御堂筋の予想通りに心が折れた今泉!

京伏列車にも乗り遅れ、バラバラの総北に勝ち目はあるのか!?

 

■前回

 

■次回

 

■弱虫ペダル感想まとめ