読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画感想】刃牙道 第92話「責任感」 いい加減ジャックをかませで使うの辞めてほすぃ。。。

漫画レビュー 週刊少年チャンピオンレビュー

■刃牙道
第92話「責任感」

f:id:sarapan2014:20150422093843p:plain

 「あのジャックを本部が倒したッッ!

 これならもしかしたら・・・!?」

という展開なのかねぇ・・・

 

■前回のレビュー

「モトベ・・・・・・・?」

「そう。本部」

 

庭先の池の鯉に餌をあげながら話をするジャックと御老公。

もはや二人の身長差は倍はあるんじゃなかろうか。

 

「モトベ・・・・ッテ・・・アノ・・・・」

「あの本部じゃ」

 

やべぇwww

関係ないけど、これも飯シーンに入るのかw

鯉が餌食う音www

 

ガッポ ギュポッ

 

もうこれだけでよだれが出るね。

マジ飯漫画描いてほしい。

 

「ワカラン・・・

 何故"アノ"本部以蔵ガ、俺ヲ許サナイト・・・・?」

 

ジャックかなり混乱してるな。

珍しく取り乱してる。

 

「『何故"あの"本部が・・・・』・・・・・か。

 ジャック・ハンマーよ。あの本部以蔵と立ち合ってみよ」

 

!!!

 

「アノ・・・本部トカ・・・・?」

 

見上げる御老公、見下ろすジャック。

ジャック汗かきすぎww

 

「『あの』

 あの弱い・・・あの冴えない・・・あの年老いた・・・

 あのよくワカらない・・・本部以蔵」

 

じっちゃんwwwいいすぎww

 

ガッポッ ギュポッ

 

「まさしく理解っていないッッ」

 

ご老公の一言に唖然とするジャック。

 

「このワシも。おぬしジャックも」

 

あの本部以蔵なる人物の正体をまるで理解っていない!

 

「不覚・・・・」

 

これにはジャックも沈黙を保つ以外なかった・・・

 

「ジャックよ、対『武器』の心得は・・・?」

「ナイ。ナイ・・・ガ」

 

経験ハアル

 

男3人。

それぞれチェーン、鉄パイプ、ナイフを所持。

 

手コズッタコトハナイ

 

「フフ・・・それはそれは。

 本部に思い知らせてやらなきゃのォ。

 ただし・・・」

 

試合場で・・・ではないぞ

 

夜の公園に現れたジャック!!

公園本部はキケンだぞ!!!

 

 

「場所は夜の公園。

 このルールは、かの『ブラジリアン柔術』の始祖、

 講道館柔道の古豪コンデ・コマこと、前田光世が提案したものじゃ。

 

 時のレスリング世界へヴィ級チャンピオン

 『ロシアのライオン』と呼ばれた英雄ハッケン・シュミット。

 

 前田はとあるパーティで出会ったシュミットに、挨拶もそこそこに

 『他流試合』を申し込む。そこで一つのルールを提案する。

 相方共に普段着のまま、公園を散歩する。

 2人が出逢うその時まで散歩は続く。

 

 出会う。試合開始。

 この・・・場をわきまえぬ、常識を欠いた前田の申し込みは、

 シュミットの大人の対応で事無きを得た」

 

『アナタ柔道ナンバーワン。ワタシレスリングナンバーワン。

 ソレデイインジャネ?』

 

・・・・

・・

 

「予め伝えておく。普段着の本部以蔵は丸腰(素手)ではない。

 剣か、ヒ首か、鎌か、手裏剣か、爆薬か、鎖か。

 いずれにしろ相手は、選手でも競技者でもない」

 

夜の公園・・・!

二人は出会った!!

 

本部のしたりがおwwww

余裕の表情でタバコをふかしてるww

 

これにジャックは歯を噛み締め笑顔を作る!

その際に歯の当たる音が夜の公園に響く!!

 

「なるほど。たしかにデカくなってる」

「色々使用ウラシイナ・・・ムシロ対等ダ」

 

指をポキポキ鳴らすジャック!!

掴まったらアウトだろうな本部w

 

「愛煙家もな・・・最近は肩身が狭くて・・・・」

 

おい本部!タバコのポイ捨てはあかんぞ!!

 

 

■前回

 

■次回

 

■刃牙道感想まとめ