読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画感想】弱虫ペダル RIDE.386 遅れる総北 王者の笑顔が希望

■弱虫ペダル
RIDE.386 遅れる総北

f:id:sarapan2014:20150605054706p:plain

「果たして奇跡は起きるのか・・・

 

■前回のレビュー

スプリント勝負に決着がついた頃、その後方では二つの集団+1が走っていた。

王者箱根学園の6人と京都伏見の6人・・・

そして総北の鳴子の計13人だ。

 

鳴子は京伏のケツに張り付いて、何とか一人頑張っている状況か。

 

椎坂トンネルを抜け、むわっとした暑い空気を受ける鳴子。

下りに入り標高も下がってきたからか、体感温度は上昇しつつあった。

 

この下りが終われば沼田に入る。

そこからはしばらく平坦が続き、そして山に入る。

 

鳴子は京都伏見も箱根学園も捕まえたまま、最後まで行くつもりだ。

しかし、平坦も山もこなすというのは口で言うほどラクではないだろう。

いかにオールラウンダーに転向したとはいえ、

一人で戦えるほどロードレースは甘くない。

 

鳴子は京伏のケツについて風除けに使っているようだが、

それを許さない京伏。

ちょいちょいラインをずらし、風除けを阻止してくる。

これも御堂筋のフェイズというやつのようだ。

 

張り付いた敵を疲労させるには有効な手のようだ。

見た目の地味さとは裏腹に、かなり足にくるようだ・・・。

鳴子は何とか振り切られないよう、自分を鼓舞しついていく。

 

そして総北の到着を期待する鳴子。

小野田くん、手嶋さん、スカシ!!

来いや

追いついて!!

 

・・・・・・

・・・・

 

「絶望的だなっ・・・!!」

 

噂の手嶋さんは絶望を口にする。

二つの集団からはかなり遅れている様子だ。

しかし、その目はまだ諦めてはいないようだ。

 

小野田も手嶋もまだ希望を捨ててはいない。

しかし今泉は・・・。

もはや心が折れた、ただのポキ泉クンだ・・・。

 

小野田が手嶋に代わり先頭で皆を引く。

 

「あああああ!!何とか・・・!!何とか前に追いつきます!!」

 

 

最悪の状況だ・・・!!

手嶋の状況分析が始まった。

 

先頭との差はかなり開いてる・・・鳴子たちは相当先にいる。

何とか追いつきたいが向こうは6+6+1=13人

 

こっちは3人・・・その内2人が平坦が苦手なクライマー!!

さっきの給水場でのこと・・・

 

マネージャーの幹からは先頭との差は5分11秒だと伝えられていた。

杉本はひっしに、「追いつける!」と涙目で声を出していたが・・・

果たして、ひっくり返せるのか?

 

手嶋は杉本の涙目を見て、その気持ちが痛いほど理解できた。

去年まで給水係だったからこそ、チームが待っても待っても来ないのは

本当に泣きそうになる・・・!!

 

けど!!

何とかしなくちゃなんない!!

この状況を!!

今度はオレが!!

 

その時だった。

背後から忍び寄る影・・・!!

 

「!?」

「遅か・・・!!

 こがんところばウロウロして・・・遅かばい!!

 今年ん総北は!!」

 

つ・・・追走!?

追いついてきたのか!?うそだろ!!

 

「去年より遅かばい!!肥後もっこすーーーーーーー!!」

 

日本語で頼むぜ!!

 

熊本台一が追い上げてきた!!

この煩い男は3年の井瀬!

 

「スプリントは京都とハコガクを泳がせた!!

 オイたちはあえて遅れて集団からとびだした!!

 あわててとびだしても、あんたたちんごつなるけんね!!バラバラに!!」

 

なにいうとんのや・・・。。

 

「今年の熊台は賢かばい!!あえて後手に回って

 オイたちはまとまって6人で先頭に追いつくとたい!!」

 

先頭に・・・!!

だとしたら・・・

 

手嶋は協調を申し出る気なのか?

 

すると小野田が口を開いた。

 

「あ・・・あの井瀬さんって・・・去年・・・あの

 去年田浦さんって、あのすごく元気のいい人と一緒に走られてた方ですよね・・・」

 

「雰囲気が・・・変わったって言いたかとか?

 ゼッケン”1番”小野田くん」

 

雰囲気変わりすぎだろwwww

クッソワロタwww

 

肌は浅黒くなり、髪型もかわって、もはや別人やん。

 

「去年のつらい目には二度とあう訳にはいかんけんね!!

 オニになったとたい!!

 オイは後輩から肥後の鬼軍曹てよばれとるとばい!!」

 

なんかわろたww

肥後の鬼軍曹てww

 

絶対ダークホースにはなりえへんやろw

 

「井瀬!!協調しないか先頭まで!!

 オレたちと熊台で!!

 ロードレースの集団は人数が多ければ多い程スピードが上がる!!

 悪い条件じゃないはずだ!!」

 

「言うたやろうもん。去年のつらい目は・・・て。

 オイたちは、もう協調は・・・こりごりたい!!」

 

そういって先に進む熊本台一。

去年広島に協調で置いて行かれた経験があるから、致し方ないか。

 

「もうひとつ残念なお知らせば教えてやるばい。

 うしろの大集団は、じわじわ速度を上げてきよる。

 おまえたち、今の速度で走りよったら、前どころか・・・

 うしろの集団につかまるばい!!

 

とどめの一言だったか・・・

 

「ここまで・・・・・・・!!落ちる・・・・とは。

 やっぱり全てはオレの判断が間違ってたんだ!!」

「今泉!!」

 

前どころか後ろに・・・!!

いや・・・決してあきらめるつもりはなかった・・・けど、

オレたちは鳴子1人を残して・・・このままレースを・・・!!

 

絶望の手嶋と今泉。

しかし一人だけ違った。

 

満面の笑みを浮かべる小野田坂道!!

 

これには手嶋も今泉も驚きを隠せない。

 

「!?」

 

なんだ小野田・・・この湧き上がるようなプレッシャーは!!

 

小野・・・田!?

この状況で笑ってる!?

 

「どうした小野田」

「あ、いや、すいません。笑ってる状況じゃないってことですよね!

 すいません。あ・・・つい、あの想像してしまって。

 熊台の方がうしろの集団が近いと言ってました・・・

 ということは・・・さき程審判車のボードで、

 『集団より前に”2人”走ってる』ってあったので

 もしかして・・・ありえるのかな・・・・って。

 青八木さんと鏑木くんがもう一度ボクらに追いついて走るってことが

 5人で走ったらきっと速いだろうなって!!

 

最強ポジティブ!!

 

■前回

 

■次回

■弱虫ペダル感想まとめ