読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【ドラマ感想】仮面ライダーゴースト 第16話「完璧!白い仮面ライダー!」

f:id:sarapan2014:20160131092937j:plain

カノンの様態も安定し、マコトはけじめをつける為、

眼魔世界へと一度戻る決意をする。

カノンの事をタケルに託すが、タケルも共に眼魔の世界に行くという。

 

お前には関係のない事だとタケルを突き放すが、

もしマコトに何かがあれば、カノンが悲しむと説得。

一体眼魔の世界とはどういう所なのか・・・

 

そんな話をしていると、御成が新たな不可思議情報を持ってきた。

しかも、今回は確実に眼魔の仕業だという!

 

ネット動画を確認してみると、そこには宙に浮くアイコンの姿が!

確かに明らかに眼魔絡み!

カノンをシブヤとナリタに任せ、すぐに現場に向かうタケルたち。

 

・・・・・・

・・・

 

現場には予想以上に眼魔の群れが!

しかし雑魚ばかりがわんさかいるだけだ。

 

タケルとマコトは変身し、これの撃退にあたる!

しかし、数が多い・・・手こずる二人。

 

そんな時だった!

新たな白いライダーがタケル達の前に現れたのだ!

その名も仮面ライダーネクロム!!

 

ネクロムは雑魚眼魔を操り、タケルたちを翻弄!!

信長&ロビンフットで雑魚を一掃するもネクロムは強い!!

 

マコトはネクロムの声から正体がアランだと気づく!

アランはマコトを変えてしまったタケルを酷く憎んでいるようだ・・・。

それにしても強い!!

 

英雄アイコンはグリムと三蔵を持っている・・・!

その内のグリムを使うネクロム!!

能力はよくわからんけど、見た目かっけぇ!!

 

なんか茨?肩からの触手で攻撃か。。。なんか地味だな。

 

結局驚異的な実力のネクロムを前にタケル達は一旦撤退を余儀なくされた・・・。

 

一方途中から逃げたアカリと御成は、ちゃっかり眼魔の破片をゲット。

これが今後の研究の何か手がかりになるのか・・・

 

f:id:sarapan2014:20160131093002j:plain

 

タケルはあの仮面ライダーはマコトの知り合いなのかと聞くが、

何も話してくれないマコト。

 

代わってカノンがアランの事を話してくれた。

カノンはアランの事を『アラン様』と呼び、尊敬している様子だ。

まぁ眼魔世界で相当世話になったみたいだし、尊敬してしかるべきなのかもしれない。

 

カノンの話では、アランとマコトは親友だったそうだ。

そんな二人が争うことは間違っている・・・

きっと解りあえるはずだとタケルは言う。

 

・・・・・

・・・

 

そんな中、対峙するマコトとアラン。

結局二人は戦う以外の道はないのか。

人として生きる事を決めたマコト・・・それを理解できないアラン。

肉体の器に固執するって・・・眼魔とは、そもそも生きていないのか?

 

御成から連絡を受け、現場に駆けつけるタケルは二人の間に入って仲裁する。

 

親友同士で戦う事に何の意味があるのか・・・

しかしタケルの説得もむなしく、アランには人間の理屈が全く理解できないという。

命や、その肉体に何の意味があるのかとアランは言う。

 

やはり種族としての見解に大きな差異があるため、

互いを理解するには時間がかかるようだ。

 

圧倒的な力の前に倒れるタケルとマコト。

しかし、ここでネクロムに異変が・・・急に体から色が消えていく・・・

 

「時間切れか・・・」

 

アランは変身を解き、去って行った。

マコトは重症を負い、寺へ運ばれた。

 

まだ魘されている様子だ。

そんな中、タケルはロビンフットの声を聞く。

 

武蔵の時と同様にロビンフットの世界に吸い込まれ、

そこでロビンフットから正義は一つじゃない事を教えられる。

 

タケルは今後どうするのか・・・

残りの時間は80日・・・!

 

■前回

 

■次回