読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画レビュー】僕のヒーローアカデミア No.42 いざ決勝【週刊少年ジャンプ25号】

漫画レビュー 週刊少年ジャンプレビュー

■僕のヒーローアカデミア
No.42 いざ決勝

f:id:sarapan2014:20150507064502p:plain

準決勝二戦目!

爆豪VS常闇の試合はこう着状態が続いていた。

 

爆豪の爆炎を常闇は闇でガードする。

しかしカウンターにはいけない常闇。

 

どうやら爆発の光にかき消され、攻撃まで転じられないようだ。

そういう意味では相性は最悪!

 

常闇の黒影にも体力があるようだ。

回復する間を与えず連撃の爆豪!

 

黒影の体力が尽きれば爆炎を防ぐことも出来ない!

つまり敗北は必至!!

 

爆豪を捕らえようとする黒影だが、

身体能力がそもそも高い爆豪!

なんなくそれをかわし、常闇の背後へ!!

 

そこから閃光弾を放つ爆豪!

 

爆煙がリングを包み込む。

そしてその中ですでに決着はついていた。

 

地面に押さえつけられる常闇。

爆発のエネルギーを右手に溜めながら、降参を促す。

 

この態勢からの反撃は無理と悟った常闇は素直に降参。

爆豪が決勝進出を決めた!!

 

 

轟VS爆豪!

決勝はこの二人がぶつかり合う!

 

飯田・お茶子・出久は二人の決勝を見てリベンジを誓う!

突如震えだす飯田君w

 

「電話だ」

 

どんだけ強力なバイブww

 

母親からの電話は

飯田の兄が敵にやられたとの報告だった・・・。

 

『ヒーローごろし』・・・

暗躍するこの男が飯田の兄をやった!

その名からして、トドメを刺したのかもしれないな・・・。

 

「お前らは気づきもしない・・・

 偽善と虚栄で覆われた・・・ハァ・・・

 歪な社会・・・ヒーローと呼ばれる者ども・・・

 俺が気づかせてやる・・・」

 

そんな男に何者かが声をかける。

 

「探しましたよ『ヒーローごろし』ステイン」

 

刃を振りぬくステイン!

 

「落ち着いてください・・・我々は同類・・・・」

 

謎の闇が悪をいざなう!

これはもしや・・・あの男達が再び動き出した!?

 

 

一方決勝を前にした控え室。

轟は考えていた。

父親から引き継いだ炎の力・・・

それを使うべきか・・・

 

今まではこう考えることなど考えもしなかった轟。

全ては出久の言葉が彼を動かした。

 

そんな張り詰めた空気をぶち壊すかのように爆豪が部屋を間違えて入ってきたww

てかドアくらい開けてはいれw

なんで蹴り飛ばしてんだw

 

爆豪を無言でチラ見して、すぐ視線を戻す轟w

その反応にイラつく爆豪w

 

決勝前なのに絡みだす爆豪w

 

「どこ見てんだよ半分野郎が!!」

 

机を叩く爆豪wいちいち爆破すんなw

動じない轟。流石だ。

 

「それ・・・緑谷にも言われたな。

 あいつ無茶苦茶やって他人が抱えてたもん

 ブッ壊してきやがった」

 

昔からあんななのか?

轟の言葉に、過去の出久の言葉が脳裏をよぎる爆豪。

 

さらに苛立ち作りを蹴り飛ばす!

 

「あんなクソナード・・・どうでもいいんだよ!!

 ウダウダとどうでもいんだよ・・・

 てめェの家事情も気持ちも・・・!

 どうでもいいから俺にも使ってこいや炎(そっち)側

 そいつを上から捩じ伏せてやる」

 

そんでオレがトップだ!!

 

いよいよ始まる決勝戦!!

 

どうなる!!?

 

■前回

 

■次回

 

■僕のヒーローアカデミア感想まとめ