読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画レビュー】カガミガミ FILE18 守りたい仲間【週刊少年ジャンプ29号】

■カガミガミ
FILE18 守りたい仲間

f:id:sarapan2014:20150604125302p:plain

ヘリックスに立ち向かう慚鬼丸。

しかし本心はヤバイと思ってるw

 

「やっつけちゃえ慚鬼丸!!」

「オウ!!危険だから下がっておれ!!」

 

どーする!?

 

敵がちょっと動くだけで間合いを取る慚鬼丸。

 

「どうした闘うんじゃなかったのか?」

 

くそ・・・何を震えている・・・!!

 

「慚鬼丸・・・!」

 

立ち上がった恭介だが、すぐ崩れ落ちてしまう。

合体も解けてしまった!

 

白天丸曰く怪我と長時間の変身でかなり消耗してしまっているという。

 

「・・・無茶はしないで・・・慚鬼丸・・・!」

 

瀕しの恭介は慚鬼丸を心配する。

その言葉に奮起する慚鬼丸。

 

いや・・・する・・・・!

 我は仲間と共に・・・お主と共に闘うと決めたのだ・・・!

 ここで行かねば鬼が廃る!

 誰の為でもない自分の為に!!

 

慚障壁を身にまとい飛び上がる慚鬼丸!

そのまま勢いよくヘリックスに向かい飛んでいく!

 

「我は慚鬼丸!!いざ参る!!」

「やれ!!ヘリックス」

 

「慚鬼丸・・・・!!」

 

 

慚鬼丸はヘリックスに接近戦を挑む!

紙一重で攻撃をかわす!

そして繰り出される慚悔掌!!という名のただの掌打w

 

「もひとつ!」

 

と二連打をかます!

 

「それでヘリックスに攻撃したつもりか!?」

「!!」

 

ヘリックスの反撃を喰らう慚鬼丸!

 

「無駄だ」

ヘリックスは攻撃で削られた部分から瞬時に回復を始める!

 

「また元に戻っちゃう」

 

無駄ではない!!

 

慚鬼丸は回復を始めた部分を慚障壁の檻で封じ込めた!

元に戻ろうとするネジたちは慚障壁の中に閉じ込められ本体に結合できない!

 

「慚障壁は防御だけの力にあらず・・・!!」

 

もう一つ!

慚鬼丸はもう一つ慚障壁を生み出し、体の一部を閉じ込める!

 

「ホウ・・・」

 

これで体の3割は削り取った!!

恭介の憑力のおかげで力のコントロールが上手く行く!!

 

このまま檻を維持しながらヤツを攻撃し続け

新たな檻で体を削り取る!!

 

かなりの負担はあるが・・・できるか!?

 

 「いや…やらねばならぬ!

 恭介達は我が守る!!!

 

 

倒れる恭介は慚鬼丸の言った"守る"という言葉から祖父の言葉を思い出していた。

 

『この世を守る為

 強い式神つかいになりなさい』

 

 

強くなるって

ツライな 苦しいな

 

でも世界を守る為に

僕はもっともっと強くならなくちゃ

 

みんなを禍から守る為に

頑張らなきゃ

 

ーーー世界って何?

みんなって誰?

僕が守るものって・・・・・・・

 

開斗・・・

ハク・・・

 

守りたい世界・・・・・

 

この街・・・

マコさん・・・

 

大家さん・・・協会のみんな・・・

羅生丸・・・慚鬼丸・・・

月輪さん・・・

 

 

 

へリックスの凄まじい一撃を受ける慚鬼丸!

 

「一部奪われたところでお前に有利が発生するとでも?」

 

倒れる慚鬼丸・・・!

 

「やめろ!!!」

 

僕が守りたいものは

ここにあるーー!!

 

 

恭介は腹の傷を抑えながら立ち上がった!

 

「もう一度憑依合体だハク!!」

「恭介くん!?」

「憑依合体・・・!?

 何言ってんだ そんな体で・・・」

 

僕はまだ全然強くなってなかった

 

「やるんだハク!!」

 

こんな状態じゃ絶対普段通りには・・・と心配するハク。

 

強くなった気がしてた

 

「ハク」

「わかったよ」

 

ハクは恭介のもとへ飛んだ!

 

もっともっと強く

守りたいものを守れるように・・・!!

 

 

豹変する恭介の新たな形態!!

パワーアップなのか!?

それとも力が足らず未完成な憑依合体の姿なのか!?

 

■前回

 

■次回

 

■カガミガミ感想まとめ