読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画レビュー】NARUTO-ナルト-外伝 ~七代目火影と緋色の花つ月~ No.700+8 本物 前編【週刊少年ジャンプ30号】

週刊少年ジャンプレビュー 漫画レビュー

■NARUTO-ナルト-外伝 ~七代目火影と緋色の花つ月~
No.700+8 本物

f:id:sarapan2014:20150430064131p:plain

サクラは本物の母親ではなかった・・・

衝撃の真実にサラダは怒りと悲しみに包まれていた。

 

「サラダ・・・お前・・・写輪眼が・・・」

「!」

 

『サスケはメガネをかけてねーけど、お前そっくりだってばよ。

 特に目元なんかよ・・・写輪眼になったら余計そうだろうよ』

 

サラダはナルトの言葉を思い出していた。

 

「・・・今さらあんな人なんかに似ていたくもないです・・・!」

「どうする気だ?」

 

「…七代目には関係のない事ですから!

 私一人で旅を続けます…もう木ノ葉隠れの里には帰らないと思います…

 では色々とありがとうございました…!」

 

ナルトは去ろうとするサラダの腕を掴んだ。

 

「!! なんですか!?」

「・・・・・・・

 悪ィけど、さっきここでの話は聞こえちまった」

 

「!」

「けど・・・俺には関係ねーとか・・・

 そういうふうにはいかねーんだ」

 

 

「・・・聞いてたんなら分かるでしょ!

 事実七代目には関係のない事じゃないですか!」

 

「・・・ボルトにもよく言って聞かせたんだ・・・

 火影ってのは里の全ての人が家族みてーなもんだってな。

 先代の三代目火影もよくそう言ってた」

 

「だから何ですか!?…それはただの方便ってやつでしょ!」

「・・・・・・・」

 

「パパは全然里にいない・・・娘の私の顔さえ知らなかった・・・

 ・・・ママは・・・ずっと私を騙してた・・・それに・・・

 血が・・・繋がってもなかった・・・

 

「・・・・・」

 

「…私には……本当の家族なんていないんだって事がよーく分かりました。

 それから…七代目は私じゃない…これはまぎれもない事実でしょ?

 …だから私の心も分かりっこない!アナタは…私と家族じゃない」

 

サラダはナルトの掴む手を振りほどこうとするが、

ナルトは真剣な目で真っ直ぐサラダをみて、腕も決して離そうとはしなかった。

 

「・・・・!?」

 

 

ナルトは幼少期の自分を思い出していた。

イルカ先生に厳しくされる日々。

 

そしてイルカ先生の両親をころし・・・

里を壊滅させた九尾の妖狐が自分の中にいることを知った。

 

『お前は憧れ火影に封印された挙げ句、里のみんなにずっと騙されていたんだよ!!』

『今はもうバケ狐じゃない。あいつは木ノ葉隠れの里の・・・

 うずまきナルトだ

 

『卒業・・・おめでとう』

 

 

サスケとの思い出・・・

 

 

『初めから独りっきりだったてめーに!!

 オレの何が分かるんだってんだ!!!アア!!?』

 

『ホントの親子や兄弟なんて確かにオレにゃ分かんねェ…

 …けどイルカ先生と一緒にいる時…想像して思うんだ…

 父ちゃんってのがいるのってこんな感じかなぁ…って

 

 …お前といる時…兄弟ってこんな感じかなぁ…ってよ

 オレにとっちゃ…やっとできた繋がりなんだ』

 

・・・・

・・

 

「…お前にとっちゃパパとママとの繋がりはその程度のもんなのか?」

「!?」

 

「繋がりってのは時間や血だけじゃねーだろ?それより強えーもんがある!」

「じゃあ!何だって言うんですか!?」

 

「・・・・・想い

 それさえありゃあいい」

「・・・」

 

「そんだけだ。もういっぺん…自分にそれがあるか確かめてみろ」

「・・・」

 

後編に続く・・・

 

■前回

 

■次回

 

■NARUTO-ナルト-外伝 ~七代目火影と緋色の花つ月~感想まとめ