読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【漫画レビュー】ブラッククローバー ページ21 崩壊と救済【週刊少年ジャンプ33号】

週刊少年ジャンプレビュー 漫画レビュー

■ブラッククローバー
ページ21 崩壊と救済

f:id:sarapan2014:20150427155945p:plain

「魔宮が・・・崩壊する・・・!!」

 

頭上も足元も、崩壊を始めている!

そんな中で、気を失っているアスタ!

 

ユノは急いで風創成魔法"天つ風の方舟"を作り出した!

 

「みんな乗れ・・・脱出する!!」

 

ラックはすぐさま倒れたアスタを拾って方舟へ飛び乗る!

他のみんなも乗り込んだようだ!

 

「ミモザ・・・!アスタを頼む・・・!」

「はい・・・!・・・・・!!」

 

想像以上にアスタの傷が深い・・・!

ミモザの残りの魔力で治癒できるかどうか・・・!

 

「・・・う・・・」

「!」

 

意識を取り戻したアスタ!

 

 

 「・・・あ・・・いつを・・・」

「しゃべらない方が・・・!」

 

「・・・アイツも・・・助けて・・・やってくれ・・・!」

 

アスタは気絶するマルスを助けてやってくれとミモザに頼む。

 

「な・・・!!何を言っているのだ・・・!?

 ヤツは我々をころそうとした敵国の者だぞ・・・・!?」

 

クラウスの言う事も、もっともである。

 

「・・・オレ達は・・・魔宮を攻略しに・・・来たんだ・・・

 敵を・・・ころしに来たんじゃ・・・ない・・・・」

 

そう言って気を失うアスタ。

 

「・・・く・・・・!」

 

ユノは倒れるマルスを救いに行こうとするが、

その瞬間、マルスは崩落に飲み込まれてしまう!

 

「・・・もうムリだ!間に合わん・・・!行くぞ・・・!」

 

しかし、崩落は酷くなる一方!

逃げ道もわからないで一体どこへ向かえばいいというのだ!!?

 

回復に集中しているミモザに"魔花の道標"は使えない!

 

そんな中、ラックの雷魔法がレーダーの役割を果たし、ユノを出口へと誘導する!

 

「右だよ!!」

「!」

 

「僕が案内する!!」

「はい・・・!!」

 

しかし前方に巨大な瓦礫が落ちてくる!

これをクラウスとラックのコンビがそれぞれ

鋼創成魔法"旋貫の激槍"と雷創成魔法"迅雷の崩玉"で破壊!!

 

絶対にアスタをしなせない!

その強い思いがクラウス、ラック、ミモザを動かしていた!

 

アスタを生かしてここから出る・・・!!

 

一方魔宮の外でも、崩落は地響きとなって現れていた!

その規模は一部ではなく、魔宮全域に及ぶ!

 

その時だった!

瓦礫の中よりユノの方舟が飛び出してきた!

無事、抜ける事が出来たようだ!

 

「助かった・・・!!」

 

急いで安全な場所にアスタを運ぶユノたち。

その傍ら、うごめく人影!

 

なんとロータスの姿がそこにはあった!

 

「・・・いや~~~~彼らが道をつくってくれたお陰で助かったね・・・!

 オジサンのとっておきの隠し玉、透明になれる"隠者の濃煙"で

 実はずっとそばにいたのバレなかったね~~~。

 何はともあれ、生きててよかったよかった」

 

大量の宝物の傍らで眠るマルスの姿。

どうやらロータスが救ったようだ。

 

・・・・・

・・・

 

夢を見るマルス・・・

自ら手にかけた大切な人・・・ファナ。

その亡骸のそばで叫ぶマルス。

 

「・・・なんで・・・なんで・・・」

 

すると、マルスの身体が炎に包まれた。

なんとファナは生きていたのだ!

 

「・・・・!!」

 

傷が・・・癒えていく・・・!?

 

「・・・ああでもしないと・・・マルス・・・私をころせないから・・・」

「・・・・・」

 

「一番強いマルスが・・・一番生き抜ける可能性が高い・・・

 私の分まで・・・外の世界を・・・見て来てね・・・マルス・・・!」

 

ファナは笑顔でそういうと、永久の眠りについた。

 

・・・

・・・・・

 

目覚めるマルス。

 

「お、気がついたかい?マルスくん」

「・・・・ロータス・・・?」

 

「いや~~~ご苦労様!君のお陰でこんなにお宝が手に入ったよ~~」

とご満悦のロータス。

 

どうやら既に国に帰還している最中のようだ。

魔法の乗り物で空を飛んでいる。

 

広がる世界を見てマルスは全てを思い出していた。

 

『私の分まで・・・外の世界を見て来てね・・・』

 

 

「ロータス・・・助かった・・・感謝する」

 

マルスにも感情があったのが驚きのような表情を見せるロータス。

 

「なぁんだ・・・そーゆーことちゃんと言えるんじゃん」

 

と笑みを浮かべた。

 

・・・・・・

・・・

 

一方アスタも目を覚ましていた。

 

「アスタ・・・!」

「あいたたたたたた・・・」

「よかった・・・!」と、ひと安心するミモザ。

 

「無事ならいいのよバカスタ」

「信じられませんわーとんでもない回復力です・・・!」

「丈夫なとこだけがコイツの取り柄だから」

 

「何だとユノォ~~~~~・・・!他にも何かいろいろあるわぁぁ・・・!

 魔法帝になるまでしんでたまるか・・・!へへへ」

 

「魔法帝になるのはオレだ・・・!」

 

笑顔を見せる2人。

 

「オマエら・・・」

「クラウス先輩」

 

「本当に・・・すまなかった!!

 

なんとまさかのハグ!!?

2人を一変に抱きしめるクラウスw

ツンデレキャラかよww

 

あっけにとられる、ラック・ノエル・ミモザw

 

「下民だのとオマエらを認めなかった自分が恥ずかしい・・・!!

 オマエたちはクローバー王国の素晴らしい魔法騎士だ・・・!!

 

「メガネのダンナ・・・イタイ・・・」と泡を吹くアスタww

「先輩・・・暑苦しいです・・・」とユノww

 

「なんだと!?この私が・・・」

「なんだオマエ、イイメガネだったのか・・・!」

 

「イイメガネとはなんだキサマぁぁああ!!」

「クラウスさんは真面目すぎるだけですわ」

 

「ねえねえユノくん!今度僕とヤろうよ!」

「え、イヤです」

 

「ん?ノエル服がすげー破けてるぞ」

「キャアアアアア!!」

 

このラッキースケベが。。

羨ましいぞ

 

これにて任務完了!!

 

■前回

 

■次回

 

■ブラッククローバー感想まとめ