読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもレビューブログ

目についたものをレビューしていきます!

【ドラマレビュー】探偵の探偵 第4話 感想

■探偵の探偵 第4話

f:id:sarapan2014:20150423162747p:plain

第一章の最終話!

前回ラストで気を失った琴葉は助かったのか!?

そして、しに神の正体は誰なのか!?

阿比留が本当に、5年前の事件に関わっていたのか!?

 

・・・・・・・・

・・・

 

誘拐犯の潜伏場所に潜入する阿比留と刑事たち。

しかし、これは予め阿比留に仕込まれたもの。

 

工場の地下にノートパソコンを置き、そこに刑事たちを誘導。

立ち上がらないノートパソコンの基盤をレンジで温めることによって

ハンダをとかし、それを冷蔵庫で冷やし固め、水滴を取り除き起動させる。

後の逸話としてはうってつけのエピソードだ。

 

起動したノートパソコンから娘の居場所を得て、事件は無事解決。

誘拐された娘さえ無事なら、警察は納得すると語る阿比留。

 

この筋書き通り、刑事と共に地下の部屋へ向かう手筈だったが

いきなり状況は変わってしまう。

 

工場に潜入してすぐだった。

億からなにか物音が聞こえる・・・徐々に近づく音。

音の正体はなんと玲奈だった!

 

「妹と琴葉が世話になったな!!」

 

玲奈の鉄パイプフルスイングが矢吹の頭を直撃!!

一撃で仕留めた!

玲奈はすぐに工場内へ逃走。

 

それを窪塚が追う!

他の刑事たちを追わせず、言葉巧みに地下へ誘導する阿比留だったが、

ここでも想定外の事態が!

 

なんとノートパソコンは生きていた!

どうやら先回りした玲奈が阿比留の考えていたトリックをそのまま使い、

ノートパソコンを使えるようにしていたようだ。

 

阿比留は焦った。

刑事たちに動かないよう指示し、阿比留は全力で工場内を走った。

目指すべき場所は娘の監禁場所!

 

監禁場所に到着した阿比留。

辺りに人がいないことを確認し、中の様子を扉を開けずに行う。

中からは娘の声らしきものが聞こえてきて、阿比留はほっとする。

 

すぐに仲間に連絡し、刑事たちを監禁場所につれてくるよう伝える。

するとそこに玲奈が現れた!

 

 

阿比留は一通り自分の勝手な言い分を喋ると

玲奈に促されるように、幼女が監禁されている扉を開けた。

 

すると中からは幼女を抱えた窪塚が現れた!

部下への電話から、玲奈とのやりとりまで、全て録音され、

追いつめられた阿比留は火を放ち逃走!

 

火の手は辺りを包み込み、衝撃で崩れた瓦礫で足を負傷する窪塚。

玲奈は彼の救助もせず、阿比留を追った!

 

ついに阿比留を追いつめた玲奈。

「あなたがしに神なの?」

 

しかし、予想に反して阿比留はそれを否定。

阿比留との戦闘になるが、こと戦いにおいては阿比留は非力なようだ。

玲奈にボコボコにされ、最期は膝蹴りを喰らい階段を落ちて行った。

 

その後、阿比留は逮捕されたが、警察との協力関係については伏せられてしまう。

女医の矢吹についても、過去の書類改ざんの罪で別件逮捕になったようだ。

 

今回の一件はどうやらスマリサーチ社の探偵課も協力していたようで、

阿比留のオフィスを盗聴したことで事前に工場内の監禁場所や逃げ道、

阿比留のシナリオも把握できていたようだ。

 

こうして一連の騒動は幕を引く。

 

 

警察の上層部は今回の事件の初動捜査の失態を世間に隠し通そうとしている。

玲奈を逮捕することで仮に不起訴になった場合、

警察の汚点が明らかになる恐れがある。

そのため警察は玲奈に手を出せないようだ。

 

事件から一カ月後、ようやく琴葉の見舞いに行く決心をする玲奈だったが、

病室には琴葉の家族がちょうど見舞いに来ていた。

玲奈は入ることが出来ずそのまま引き返してしまう。

 

 

そして時は流れ・・・1年後。

玲奈は対探偵課として日々悪徳探偵を追っていた。

 

ターゲットは堤という男。

玲奈は男の部屋に侵入し、男を待っていた。

 

堤はストーカー相手に安い金で居場所を調査し、 

その対価として女性を凌辱する動画を送らせていた。

 

堤は慌ててデータを消すも、

玲奈はすでにコピーをとっていた。

そしてそれを事件を追うマスコミに送ったという。

 

堤に自首を勧める玲奈だったが

情報をやると言われ、そっちに食いつく。

 

情報とは堤の依頼人のことのようだ。

どうやら女子高生をさらった変質者のようだ。

堤のような同業者複数に依頼を出していろんな女を探させているようだ。

 

樋池ヤスヒロという名の男のようだ。

玲奈はこの樋池という男に"しに神"の可能性を見出し、追うことに。

 

一方スマ・リサーチ社の探偵課に依頼が舞い込む。

妹を探してほしいという依頼人。

課長がこれを応対。

 

去り際の依頼人をたまたまみる須磨社長。

 

 

一方琴葉はようやく傷も癒えてきたようだ。

今は姉と一緒に暮らしているようで、仕事を探すつもりらしい。

姉の話によると玲奈は一度も琴葉に連絡をよこしていないようだが・・・

 

 

場面は再びスマ・リサーチ社。

堤の一件の報告を玲奈から受ける須磨だったが、そこで池の顔写真を見る。

どこかで見た顔・・・そうだ!

この男こそ、さっき妹を探したいと言ってきた依頼人だ!

 

妹とのツーショット写真も合成だった。

探偵課は合成前の写真データの位置情報を割りだし、池の居場所を突き止める。

 

この情報を玲奈に教えるや否や、玲奈は池の潜伏先に飛んでいく!

マンションに入る前になにやら顔に吹き付ける玲奈。

後にわかる事だが、この液体をかけると防犯カメラにはモザイクがかかったように

真っ白な顔になるようだ。

 

マンションに潜入した玲奈はすぐに池の部屋に乗り込む!

そこで誘拐・監禁された女子高生を発見!

なんとか部屋にバリケードを作り、時間を稼ぐ。

 

玲奈は複数の薬品をメスにかけ、そのメスでなんと納豆をかき混ぜはじめた!

すると程なくして樋池がバリケードをとっぱして部屋に入ってきた!

玲奈はすかさず納豆メスを池に突き立てる!

 

もの凄い出血だ!

これも後にわかる事だが、玲奈がメスに着けていた薬品は

出血を促す成分を持つものと、激痛を与えるものだった。

納豆も血液の凝固作用を抑える役割があったらしく、

異様な出血はそのためだった。

 

激痛に見舞われた池は部屋を出て行く!

その隙に女子高生の手足を自由にし、警察に連絡。

あくまでここで見たことは喋らないようにと釘をさし、

玲奈は妹の事件の手がかりを探す。

 

そしてついに手がかりらしき調査報告書を手に入れる!

タイミングを同じくして、何か大きな音が聞こえた!

玲奈は慌てて調査報告書をバッグに入れ、自らも部屋の外に。

 

奴の血痕が道しるべになっており、それを辿っていくと、非常階段に出た。

さっきの大きな音は、どうやらここから池が落下して、

地面に激突した時の衝撃音だったようだ。

血の池に染まる檜池。

 

サイコパスにはふさわしい末路かもしれない。

その後警察が到着。

女子高生は無事保護。何があったかは黙秘。

警備員は事件前後で何者かがマンションに出入りしている映像を警察に見せる。

しかし顔が真っ白に反射して、誰かは認識できない様子。

 

一方、琴葉が入院時に撮影した動画を何気なく見る琴葉。

そこには信じられないものが映っていた!

姉とその仲間たちに暴行される玲奈の映像!

タイミング悪く姉が帰宅し、すぐに動画を消す琴葉。

コンビニに行くと伝え家を出るも、姉は動画を見られたことを察する。

 

 

その頃玲奈は警察に立ち寄り、

持ち去った調査報告書と、妹の事件の時に見つかった調査報告書を見比べていた。

 

文字の書き方のくせなど、類似点が多数見つかる。

間違いなくこの報告書を書いた人間こそが"しに神"だ!

 

ということは池がしに神・・・?

 

 

■感想

明日書きます

 

■探偵の探偵 人物紹介

▼スマ・リサーチ社

・須磨康臣(社長)/井浦新

 スマ・リサーチ社の社長であり、玲奈の師匠でもある。

 対探偵課を立ち上げた人物。

 玲奈の妹の事件と何らかの関わりがあるのか・・・?

 まさかの黒幕?

 

▼スマ・リサーチ社/対探偵課

・紗崎玲奈/北川景子

 一切笑わないキャラクター。最初は琴葉を厄介な目で見ていたが、

 徐々に妹を重ねたのか、優しくなる。

 笑顔は見せないけどねw

 

・峰森琴葉/川口春奈

 何かと玲奈の足を引っ張ることもあるけど、可愛いから許す←

 玲奈の妹がころされた現場にいたようだが、その事を玲奈には秘密にしている。

 もしかして玲奈の妹の友達だったとか?(履歴書より、出身が事件の起きた愛知県)

 独自に事件を調べるためにスマ・リサーチ・・・いや、玲奈に接触してきた?

 とにかく謎が多い。

 

▼スマ・リサーチ社/探偵課

・桐嶋颯太/DEAN FUJIOKA

 何かと玲奈と一緒にいることが多い。

 対探偵課と対立する探偵課だが、その中でも彼は理解者なのかな?

 

・土井修三/伊藤正之

 探偵課の課長だけど、影が薄い。

 

・佐伯祐司/六角慎司

 アゴ。しゃくれ。

 

・伊根涼子/高山侑子

 いつも玲奈にキレてるヒステリックな女。

 違法ギリギリの調査活動をする玲奈を目の敵にしている。

 

▼警視庁

・窪塚悠馬/三浦貴大

 捜査一課の警部補。いつもしかめつらしてる(´・ω・`)

 

・長谷部憲保/渋谷謙人

 悠馬の後輩。

 

・船瀬卓/阪田マサノブ

 捜査一課主任。坂東の金魚の糞。

 

・坂東志郎/相島一之

 捜査一課係長。

 

▼阿比留綜合探偵社

・阿比留佳則/ユースケ・サンタマリア

 警察への捜査協力などするほか、メディアにも積極的に顔を出すやり手。

 しかし裏では汚い事をやったり、邪魔者は徹底的に潰す姿勢を持っている。

 玲奈の過去や素性も知っている様子。

 

▼その他

・織田彩音/中村ゆり

 琴葉の姉。結婚して琴葉と離れ離れに。

 

・紗崎咲良/芳根京子

 5年前にストーカーに、ころされてしまった玲奈の妹。

 

・矢吹洋子/高岡早紀

 大学附属病院の医師。5年前の事件で咲良のDNA鑑定を担当した。

 今後登場かな。

 

■前回

 

■次回



■探偵の探偵感想まとめ